♪ジャーナリスト/ライター 青木 優のブログ・コラムです!                                                  ただいま10才の娘の子育てに参加しながら働く父親です。                                                ここでは、古今洋邦のミュージシャンたちの育児観・子ども観について語りまくっております♪                         通称「コソロック」!!  リンクフリーですので、よろしくっ☆                                               ◆   ◆   ◆   ◆   ◆   ◆   ◆   ◆   Twitterでは you_aoki


にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ
人気ブログランキングへ

累計: 検索エンジン登録
本日: SEO対策
昨日: メール配信

アクセスアップ
RSS1.0 RSS2.0
<< 2015年09月>>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
青木 優 プロフィール

★<あおき・ゆう> 1966年、島根県雲南市(旧・大原郡)生まれ。

★1994年より音楽ライター/ジャーナリストの仕事につく。
 洋邦のロックを中心に、インタビューやレビュー、ライヴ・レポの執筆といった仕事はもちろん、音楽シーンの考察、対談および座談会の司会役もこなす。
 たまにラジオに、ごくたまにテレビにも出演。
 DJもやりますよ。

★現在の主な執筆誌は「テレビブロス」「音楽と人」「WHAT’S IN?」「MARQUEE」「東京カレンダー」「オリジナルコンフィデンス」などなど。webでもちょこちょこ仕事してます。

★東京都文京区にて、カミさん(妻)、そして2003年秋に生まれた長女ホノと3人暮らし。

★そしてそして06年夏、かねてからアイディアをあたためてきたこのブログ・コラム「子育てロック」をスタートさせることができました。
 07年4月には親子でNHK総合テレビの番組『パパサウルス』に出演。そのほか、当<コソロック>への反響、じわじわといただいておりまする♪
 みなさん、ありがとうございます! どんどこ書きますので、どんどこ読んで、どんどこツッコんでやってください!

★Twitterは → you_aoki
 トラックバック ☆ どうぞ
リンク☆相互リンク募集〜
これまでの記事
TOP / ニール・ヤング
- 1 2 >>
ニール・ヤングF / 脳性マヒの子どもたちのためのブリッジ・スクール、25周年記念盤  2013年02月18日(Mon)

ホノは、パンよりもご飯派です。
朝ご飯がお米だと、パクパク食べてくれます。
パンだと、なーかなか進まんくてね。
今朝はご飯で、すげー早かった。

ホノは、今の『テレビブロス』表紙の
コロッケ(タレントさん)の口マネをしようとして、
それが異常におかしいです。



かと思ったら、うちの掘りコタツの中に
お茶が乗ったお盆を盛大にひっくり返しやがりました(泣)。
下にお茶っ葉がボテッと落ちた上に
カミさんお気に入りのリラックマのマグカップが
欠けてもーた。
コタツ板には落書きしよるし、もー!


でも、わたくしは、キーボードカバーを変えたおかげで
PCがすごく打ちやすくなり、そこはうれしいです。
あとトム・ペティ熱が加速して、インタビューが載ってる
昔の音楽雑誌まで探していたりします。
『Player』誌は今まで3回しか買ったことなかったけど、
トムさんの記事を求めてバックナンバーをたどったら
これ読みたい!という記事が
ちょうど30年前のある号に載ってるらしくて。
で、古本屋でその号を見つけた! んですよ。
そしたらさっきの
わずか3回しか買ったことがない月と同じ号で……
ひっじょーに驚きました。
あの雑誌も何百冊あるのにね(長く続いてて、すごい!)。
そういえば読んだ気がするなあ。
高かったしで、結局買いませんでした。
それに、たぶん実家に置いてるのではないかと。
次に帰省したら、いろいろ雑誌を発掘せねばだな。


<たま>さん、コメントありがとうございます。
吉井さんの言うトルクは、力、それも「瞬発力」とか
「そこで出せる力」というぐらいの意味でしょうね。
これ、原稿にする時に僕も調べたんだけど、
主に車で使われる言葉なんですね。
直訳で「ねじり」というのではないのではと思います。


さて、ひさびさに
ニール・ヤングについて書かねばと思ってました。

彼は去年はクレイジー・ホースとの名義で
2作品出しましたね。

アメリカーナ

アメリカーナ

  • アーティスト: ニール・ヤング&ザ・クレイジー・ホース
  • 出版社/メーカー: ワーナーミュージック・ジャパン
  • 発売日: 2012/06/13



サイケデリック・ピル

サイケデリック・ピル

  • アーティスト: ニール・ヤング&ザ・クレイジー・ホース
  • 出版社/メーカー: ワーナーミュージック・ジャパン
  • 発売日: 2012/11/21




続きを読む...
Posted by 青木 優 at 09:42 | この記事のURL | | コメント(575)
ニール・ヤングE / 脳性マヒは、病気ではなく、生命の状態  2009年05月02日(Sat)

僕の妹が、男の子を産みました!
おめでと〜♪
そう、ホノのいとこが、ひとり増えたわけです。
住んでるのが遠くだからすぐには会えないけど、
その日が来るのが楽しみだね。

こちらはホノとカミさんが実家から帰ってきました。
ホノは向こうで、部屋で転んだ際に本棚で顔を打ち、
おでことほっぺにキズ負ってますが(泣)、
まあ元気です。
僕も子供の頃、しょっちゅうケガしてたもんなあ。
そう思うと、やっぱり子供は女の子よりも
男の子のほうが肝を冷やすことが多めなんでしょうか。
保育園も明日から4連休か……何しよう。
休みの日に何かせんといかんような感じになるのが、
子どもがいない時と違って、腐心するところなのだなあ。

ニュースでは、新型インフルエンザの感染について
やたら水際、水際と連呼されてますが、
その言葉を口にするのが主にオッサンなせいもあって、
いちいち<生え際>を連想する青木です。


あと、先週末から、
このコソロックのアクセス数がえれぇ勢いで増えてます。
PCで見てもらうと左側に数字が掲示されてますが、
これには携帯からのアクセスは含んでおりませんでね。
そのPC+携帯の数字が、
この数日間でこれまでの数倍になってるんですよ。
何があったんでしょか?


では、みなさまからのコメント、
いろいろとありがとうございます。

電気グルーヴの回にくださった<null>さん
しかし瀧のこの文章、案外と普通の人っぽい文面で、
僕はむしろそっちのほうが気になりました(笑)。

ニール・ヤングの前回には
<トモちん♪>さんと<Rockin in the free world>さん。
いつもありがとうございます。

<卓也ママ>さんはARABAKIに来られたのですね。
そう、あそこもキッズエリアがあるといいとは思いますが、
会場のスペースにそんなに余裕がないのでしょうかね。
ともあれお疲れさまでした。

<tokui>さんは、いつもお世話になっております。
そうです、草g剛の会見の場所、
僕も<もしやあそこか?>と思ってました。
今度足を踏み入れてみようかなー。


さーてーさーてー、ようやくたどり着きました
ニール・ヤングの最終回であります!

続きを読む...
Posted by 青木 優 at 13:09 | この記事のURL | | コメント(573)
ニール・ヤングD / 息子と会話したい!『トランス』のテクノ路線に潜まされた切実な思い  2009年04月21日(Tue)

そういえば今週末、ARABAKIに行くんだった!
まったくそんなムードがない多忙な毎日。


保育園の同じ組の女の子たちが集まって遊ぶ日に
ホノも呼んでもらえまして、
とっても楽しく遊べたそうです。
みんな、いいおともだちで、ほんと良かったね。

しっかしこのわが娘は相変わらず
寝る時寝たあと起きた時、よう泣きますわ。
せっかく早起きしても30分近く泣きっぱなしじゃ
朝ごはんも遅くなるわさー。
今朝はそんな遅れずにすんだけど。
雨が降りそうだったけど、どうにか助かった。
なにせ往復30分近くかかるんで、ねー。


さて、今週、音楽関係者間での話題は
エレファントカシマシ・宮本くんの件。
ひさびさですね、こういうの。


<ナリナリドットコム 2009年4月19日の記事
 エレファントカシマシ宮本浩次が生放送中にキレる
 「失礼なヤツだこいつは」。>



さすがに音楽系サイトではニュースにされてませんな。
洋楽の場合は、こういうのも大事なソースなんですけど、
国内だと関係各所にカドが立つからでしょうかね。

で、これを、計算して起こした事態とするなら
秀逸なプロモーション戦略だって意見もありますが
(実際これでアルバム発売を知ったという人もおり)、
そこまでコントロールしてやってるとは思えませんね。
そういう計算が立つような人じゃないし。

昇れる太陽(初回限定盤)(DVD付)

昇れる太陽(初回限定盤)(DVD付)

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: ユニバーサル・シグマ
  • 発売日: 2009/04/29
  • メディア: CD


まあ昔ながらの音楽ファンにしてみれば、
彼はもともとそういう激情の持ち主なので、
むしろこの件は納得というか、わかりやすいというか。
だいたいね、昔のロックにはこの程度の話、
普通に、そこらへんにゴロゴロあったよ。
今でも、海外に目を向けたら、けっこうあります。
逆に言うと、みんな、
おとなしくなりすぎてる感があるぐらいですね。

ちなみに僕もこの宮本くんへのインタビュー中、
本人に怒られたことがあります。
それはもう10年ぐらい前の話で、
彼の返答に対して、笑ってもいいとこだと思ってウケたら
「何がおかしい!」って真剣に怒鳴られて。
なんか会話のリズムが合わない瞬間があったのか、
それが1時間のうち、2回。
ほんと、ブン殴られるかと思った。
それでもインタビュー自体は全体にいい内容になって、
しかも彼は対話の後半で、謝辞を述べてくれたんです。

で、取材後に「さっきのとこ載せていいですか」と訊いたら、
宮本くん本人はOKしてくれたんですよ。
それだけ彼の真剣さがかい間見える一瞬でしたからね、
しかしそこは控えるようにとスタッフ側からお願いされ、
雑誌掲載には至りませんでした。

どっちにしても当事者間は、今回の番組ほどには
険悪にはならなかったからんですけど。
なにせ今度は生放送だったからねー。

それよりも、このぐらいのことで騒ぎになる、
宮本くんに批判が集まるような現状は、どうなんかね。
なんか世の中がヤワいっていうかなー。
ネット時代になって、人間同士のこういう直接的な――
対面しての衝突への免疫が、みんな落ちてんじゃない?
それに<●●さんがこんな悪いことしてました>みたいな、
先生に言いつける、親にチクる的な動きが
世間的に目立つ気がする。
企業の内部告発みたいなのは
大事だと思うけど(これは閑話休題)。

他人とケンカを、ちゃんとしてきてないんだね。
とくに若い世代は。
それはそれで、ちょっと寂しいことかも。
メディアに関わっている人にしても、
とにかく、つつがなく、どこにもカドが立たないように、
丸く丸く収めたがりがちだもん。
ロックとか音楽とか、あるいは芸術なんてもんは、
本来はそういう日常の常識から
ハミ出るべきもののはずなのに。


で、ニール・ヤングも、そうやって
常識からハミ出ながらの活動をしてきた人です。
……すいません、強引で。
でも1982年のアルバム『トランス』の頃なんかは
とくにそうだったんじゃないかな。

続きを読む...
Posted by 青木 優 at 11:18 | この記事のURL | | コメント(139)
ニール・ヤングC / 壮絶…脳性マヒの息子の療育生活  2009年04月18日(Sat)

かわいい動物を見ると、実物でもTVでも
かぎりなく裏声に近い感じで「フ〜ン!」と叫ぶのが
ホノのくせなんですが。
こないだはビデオで、1才3ヵ月頃の自分の姿を見て
「フ〜ン!」だそうです(笑)。
鏡を見たり、昔の自分を見たがったり、
そこらへんは女の子っぽいこと。

ホノ、前回書いた新しい療育は、
とても楽しんで頑張ってきたみたいですが、
付き添ってきたカミさんは疲れたようで。
しかもホノ、それで興奮したせいか、
夜なかなか寝なかったり、
いったん寝たはずがまた泣いて起きたりで……
ってことが、今まで以上にあったりしまして。
なかなか楽にはいきませんねえ、いろんなことが。

わたくしは、ひたすら仕事の毎日です。
取材の準備をしたり、原稿書いたり、
そんでインタビューやったり。
合間にCD屋さん行ったり……って、普通だな。
でも普通が一番なんですよ。
まずは、そのありがたみをわかりながら生きんとね。


木山裕策Aにコメントをくださった<ひらめ>さんは
KATZEのことに反応していただいてます。
KAZTE、何回かライヴ観たな〜。
当時、テイチクのバンドが集まるイベントがあって、
コレクターズやSIONも一緒に出てたのとかね。
今は、それこそ怒髪天が在籍している
インペリアルってレーベル名になってますけどね。


今回はニール・ヤングの、主にふたり目の息子の話です。

続きを読む...
Posted by 青木 優 at 06:19 | この記事のURL | | コメント(636)
ニール・ヤングB / 幼い息子が思い出させてくれる絆  2009年04月15日(Wed)

ホノは今年度通う療育プログラムの第1回目に
先ほど出かけていきました。
1年間、楽しくやれるといいね。


日曜日はNHKと、それから怒髪天のライヴに
家族で行ったんです。

NHKはスタジオパークの見学コースみたいなので、
実はホノはここに何回か来てまして。
でも今回は2年ぶりだったのかな。
僕は、NHKには仕事ではたまに来てますが、
すぐ隣のこのスタジオパークには3年ぶり。
前回は、昼はそこで見学したりしたあと一度帰宅、
その後、夜はホールでストレイテナーのライヴと、
同じ日に2度もNHKに来るという珍事でありました。

で、ホノのお目当てはスプーとの撮影会(と歌)。
別日なら『いないいないばぁっ!』のワンワンだけど、
なぜかホノが来れる日は毎回スプーなんだよね。
ここで5才児って、例によって最年長級ですが(泣)。

しかしスプーというか<ぐ〜チョコランタン>は
もはやBSとライヴのみの活動になっており、
『おかあさんといっしょ』では
もはや<モノランモノラン>に交替してるのですが……
意外なことにNHK内、モノラン色はほとんどナシ!
番組紹介コーナー以外はまるで姿を見かけず、
さっきの撮影会といい、子ども向けの広場といい、
そこのVTRといい、グッズ売り場といい、
いまだスプーたちが現役なんです。



モノランのグッズはまだ作られてないのかな?
ついでに、今井ゆうぞう&しょうこ時代の映像も
まだまだ流れまくっておりました。
小さい子にはもう「誰?」って感じだと思うけどな。

そんでわたくしらは、レストランで
『天地人』にまつわって米沢牛をフィーチャーした
天地人御膳を食べ(ほんとに一日限定30食なのか?)、
夕方にはすぐ近くのAXへ移動。



わが家でブレイク中の怒髪天のライヴでした。
会場では石井恵梨子さんに会って、ホノ、握手。
ホノは恵梨ちゃんとは、
3年前のフジロックで会って以来だったねえ。
彼女も今やママさんですが。

で、ライヴは「労働CALLING」で始まり、
ホノも立ってノリノリ!

労働CALLING

労働CALLING

  • アーティスト: 怒髪天,増子直純
  • 出版社/メーカー: インペリアルレコード
  • 発売日: 2009/01/07
  • メディア: CD


時々抱っこしてステージをしっかり見せてやります。
途中で「生きてるだけでOKのお歌はまだ?」との質問。
そう、「全人類肯定曲」という曲、
ホノも大好きなんですよね。

全人類肯定曲

全人類肯定曲

  • アーティスト: 怒髪天,増子直純
  • 出版社/メーカー: TEICHIKU ENTERTAINMENT(TE)(M)
  • 発売日: 2008/11/05
  • メディア: CD


そして10曲目、お待ちかねのこの歌が始まると、
ホノもニッコニコで「OK!」と合唱。
いやー、熱かったね、怒髪天!
増子さん、家族3人で
めいっぱい楽しませていただきましたよ〜。

プロレタリアン・ラリアット(初回限定盤)(DVD付)

プロレタリアン・ラリアット(初回限定盤)(DVD付)

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: インペリアルレコード
  • 発売日: 2009/04/22
  • メディア: CD


帰りの公園通りを下る時も「生きてるだけでOK!
いろいろーあるけーどー!」と絶叫するホノ。
そんな歌詞を唄う幼児、いったい何なんだっていう(笑)。
おかげで今週はみんな元気に生きてますー。


さて、前回へのコメントをくれた
<Rockin’ in the free world>さん、
どうもありがとうございます。
ブリッジ・スクール・コンサート、実際に行かれたんですね。

お名前はニール・ヤングの曲名ですね。
あの曲は僕が初めて彼を観たライヴでは
まだCD化されてない段階で演奏されてて、
でも聴いた時にものすごいインパクトを受けました。
そのあとCDシングルが出た時に即買いしましたよ。
数多くのアーティストがカバーされた名曲で、
ニールとコラボしたパール・ジャムはもちろん、
その前にはジ・アラーム(懐!)なんかもやってましたね。


で、今回はそのブリッジ・スクールのことをいったん離れ、
彼の子どもについて書きます。

続きを読む...
Posted by 青木 優 at 14:44 | この記事のURL | | コメント(95)
- 1 2 >>






最近書いた記事
     カテゴリー
青木 優 E-mail
コメント ☆ お気軽にひとつ
QRコード
青木 優のブログをモバイルでアクセス



×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。