♪ジャーナリスト/ライター 青木 優のブログ・コラムです!                                                  ただいま10才の娘の子育てに参加しながら働く父親です。                                                ここでは、古今洋邦のミュージシャンたちの育児観・子ども観について語りまくっております♪                         通称「コソロック」!!  リンクフリーですので、よろしくっ☆                                               ◆   ◆   ◆   ◆   ◆   ◆   ◆   ◆   Twitterでは you_aoki


にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ
人気ブログランキングへ

累計: 検索エンジン登録
本日: SEO対策
昨日: メール配信

アクセスアップ
RSS1.0 RSS2.0
<< 2015年09月>>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
青木 優 プロフィール

★<あおき・ゆう> 1966年、島根県雲南市(旧・大原郡)生まれ。

★1994年より音楽ライター/ジャーナリストの仕事につく。
 洋邦のロックを中心に、インタビューやレビュー、ライヴ・レポの執筆といった仕事はもちろん、音楽シーンの考察、対談および座談会の司会役もこなす。
 たまにラジオに、ごくたまにテレビにも出演。
 DJもやりますよ。

★現在の主な執筆誌は「テレビブロス」「音楽と人」「WHAT’S IN?」「MARQUEE」「東京カレンダー」「オリジナルコンフィデンス」などなど。webでもちょこちょこ仕事してます。

★東京都文京区にて、カミさん(妻)、そして2003年秋に生まれた長女ホノと3人暮らし。

★そしてそして06年夏、かねてからアイディアをあたためてきたこのブログ・コラム「子育てロック」をスタートさせることができました。
 07年4月には親子でNHK総合テレビの番組『パパサウルス』に出演。そのほか、当<コソロック>への反響、じわじわといただいておりまする♪
 みなさん、ありがとうございます! どんどこ書きますので、どんどこ読んで、どんどこツッコんでやってください!

★Twitterは → you_aoki
 トラックバック ☆ どうぞ
リンク☆相互リンク募集〜
これまでの記事
TOP / コールドプレイ
コールドプレイC / イギリス王子の子守唄に選ばれる?(笑)  2013年11月30日(Sat)

もはや年の瀬ですな。
快適な秋の日々も終わりますねー。
空気も乾燥してきてるし。

ホノは音楽会での発表が終わり、ホッとしてます。
わが家はだいたい元気ですよ。

近所の東京ドームに、
今年も日本シリーズを観に行ったんですが
(楽天が勝った試合でした!)
ポール・マッカートニーは行けませんでした。
うーむ、ストーン・ローゼズ(夏のSONICMANIA)といい
チケットの巡りが今イチだったな。
まあ仕方あるまい。
チケ代、高すぎるし。

そのかわり、フランツとかアトムス・フォー・ピースは
堪能しましたよ。


今年インタビューしたアーティストの
顔ぶれを見直してたら、
子どもがいる人、案外に少なかったです。
まあ良し。
そんだけ若い人に
たくさん会ってるってことでもありますから。


ところで最近ネットをいろいろ見てたら
コールドプレイのネタがありまして。
彼らはこのところ表立った動きがないですが、
本人たちが直接及び知らぬところで
こんな話題があったんですね。


<BARKS 2013年8月3日の記事
 ウィリアム王子、ジョージ王子への子守唄は
 コールドプレイ?>



続きを読む...
Posted by 青木 優 at 15:23 | この記事のURL | | コメント(504)
コールドプレイB / ただいま来日中!&産後うつ、名づけ、不仲説…芸能チックな話題だらけのクリス一家  2009年02月13日(Fri)

そんなわけで火曜日は
新宿ロフトでダイノジロックフェスでしたよ。
予定どおり、ホノも同行!
当日は、朝から「今日は保育園行かない!
先にらいぶ行く!」と泣きながら言い張りまして、
そりゃ順番的にムリだよと、なだめましたが(泣笑)。

夕方の歌舞伎町の雑踏の向こうから姿を現したホノ
(とカミさん)、なんか違和感あったな……。
ダイノジさん、スタッフさんたちにあいさつする時も照れて、
「こんにちは」ってちゃんと言えないの。
でも、みなさんにあたたかくしてもらえて、良かったです。
ところがホノ、僕が開場前の音出しチェックでDJしてたら、
その時点からもう踊る踊る。
ヴァネッサ・パラディでもシブがき隊でも、
もう何をかけようがお構いなしのダンス大会。
お、お前はなんちゅうやっちゃ……。



DJブースの中に入ってきて、手拍子で踊ってるところルンルン♪
赤いTシャツはスタッフさんですヘッドフォン(赤)


で、本番の僕のDJですが、
この日はまず開場の6時から7時前まで、BAR STAGEで。

1. ロックン・ロール・ショー / RCサクセション
2. ウィンドウ・トゥ・ザ・ワールド
          / ヴェルヴェット・クラッシュ
3. ドゥーイング・イット・ライト / ザ・ゴー!チーム
4. シャイニング・ライト / アッシュ
5. ロック・ザ・カスバ / クラッシュ
6. 裕福の飢餓 / 泉谷しげる
7. ケープゴッド・クァッサ・クァッサ
           / ヴァイパイア・ウィークエンド
8. ラヴ・プラス・ワン / ヘアカット・ワン・ハンドレッド
9. 秘密戦隊ゴレンジャー / BEAT CRUSADERS
10. NEGATIVE THINKING / ザ・デス・セット
11. スワスティカ・アイズ(LIVE) / プライマル・スクリーム
12. ラヴ・ウィル・ティア・アス・アパート
             / ジョイ・ディヴィジョン
13. my sleep stays over you / dip
14. 君の瞳に恋してる / ボーイズ・タウン・ギャング
15. 東京の恋人 / 豊田道倫


僕のやってる後半から
MAIN STAGEではDJダイノジが始まり、
ホノとカミさんはそっちも見ながらに。
僕が終わった頃、向こうではちょうどエアギターが!
カミさんはえらい喜んでました。
ホノは抱っこして見せてやってたのに、ステージよりも
スタッフの女の人があやしてくれるほう見てた(笑)。

で、以下はMAIN STAGEにて、
一番手の出演バンドのavengers in sci-fi後のリストです。

1.『徹子の部屋』のテーマ
2. ハッカ / エレキブラン
3. Wilderness / sunny day sets fire
4. G.T. / 坂本龍一
5. シカゴ / スフィアン・スティーヴンス
6. 呼吸 / SPANK PAGE

1曲目のあと、
機材の接触不良で少しだけ間が空いてしまい、
危うく「徹子の部屋」が
avengersのクロージング曲と勘違いされそうでしたが(汗)、
ま、どーにか。
今回2日間、DJを計4回やらせてもらった中で
自分としてはDE DE MOUSEの前にやったこのセットが
一番しっくりきましたね。
ここのテーマは、イメージ的には<イノセンス>というか。


DRF4は今日が最終日ですね。
みなさん、さぞかしお疲れではと。
そんな中でもブログの更新は続いており、
大谷さん、僕の姿までアップしてくださって、
ありがとうございます。


<大谷ノブ彦さん「不良芸人日記」 2009年2月12日
 DRF4 DAY8その3>



ダイノジさんたちからは、
ライヴの合間や撤収直後にも
ごていねいにメールをいただいたり、
そうしたひとつずつに恐縮するばかりです。

多くの人と感情と思考の交感ができたDRFでした。
あのエネルギーにこっちも負けないようにしないと!
まあ体力ないんで、負けますけど(笑)。
気持ちだけはどうにかね。


で、その翌日の11日は
家族でファミレスでご飯食べてから、
僕だけ、さいたまスーパーアリーナに向かいました。
そう、コールドプレイのライヴだったんです!
東京(さいたま)と大阪(神戸)での日本ツアー、
その初日でした。

続きを読む...
Posted by 青木 優 at 12:09 | この記事のURL | | コメント(605)
コールドプレイA / 娘がいるから絶対に死なない  2009年02月10日(Tue)

今日、ホノは新宿LOFTに行きます!
そう、来てくれるんですよ、
僕がダイノジロックフェスでDJするので。
英語だとDIENOJI ROCK FESTIVALね。
この娘、僕が夜いないと「パパはらいぶでおしごと」と
思ってるんですが(べつにライヴをしてはいないけど)、
今回「らいぶに来る?」と言ったら、「来る!」とね。
カミさんともども、僕のDJを見るのも初めて。
しかしロフトみたいなライヴハウスに
ホノがいる光景がどうも想像できん(笑)。
なにせホノ、歌舞伎町に行くのも初めてだし。
スタッフさん、お客さんたちの邪魔にならないようにします。


で、日曜はそのDRF4@川崎クラブチッタでDJしましたよ。
イベントはいい盛り上がりしてましたねー。

僕は大谷さん以外の方々、
大地さんやスタッフさんと初めてお会いしたんですが、
みなさんあたたかく迎えてくださいました。
バックステージは出演バンドや芸人さんなど
ほんとにたくさんの人で、にぎやかでしたなあ。


では、いちおうDJ時の曲リストを。

まずこれがMAIN STAGEの時のものです。

1. 『11PM』のテーマ(オープニング・ヴァージョン)
2. ロスト・ウィークエンド
   / ザ・ケミスツ・フィーチャリング・マイク・パットン
3. The Fall / ノーミンズノー
4. Subway Killer / サイサリア サイサリス サイケ
5. アトランティス・トゥ・インターゾーン / クラクソンズ
6. バスケット・ケース / グリーン・デイ
7. JUMPIN’ THE GUN / ザ・ペンパルズ
8. ブリッツクリーグ・バップ / ラモーンズ


まあ、つつがなく終わった感じ……だったかな?
どーすかね、珍しくラウド&パンクな感じで。

ノーミンズノーって3月に来日するんですね。

0 + 2 = 1

0 + 2 = 1

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: Alternative Tentacle
  • 発売日: 1991/11/04
  • メディア: CD


で、こっちはBAR STAGEのトリをやった時のぶんです。

1. 『プロポーズ大作戦』のテーマ
2. CSS・サックス / CSS
3. 浴室 / 椎名林檎
4. パパのニュー・ピッグバッグ / ピッグバック
5. ハウス・オブ・ジェラス・ラヴァーズ / ザ・ラプチャー
6. ダイナマイト / SMAP
7. アウト・オブ・コントロール / ケミカル・ブラザーズ
8. traveling / 宇多田ヒカル

こっちは4つ打ちメインでした。
J-POPも増量してみたりしてね。
最後だったおかげで、あたたかい拍手もいただけたりで、
ありがとうございました。

しかし芸人チームは、ステージでのしゃべりももちろん、
DJでも盛り上げますねえ。
こっちはそういう芸風がないので……って、当たり前か、
まあ普通にやりました。
アクションでお客さんアオるって柄でもないし。
そういうDJの人もいますけどねー。

会場ではひさびさに会えた方もいたり、
声をかけてもらったりもしまして。
「お疲れっす!」と言ってくださったTheピーズ
というかピロウズというか、のシンイチロウさんほか、
こっちがボーッとしてて、すみませんでした(謝)。

スタッフのみなさんも一体感があって素晴らしいなあ。

で、本日のDJは趣向をまったく変えて選曲中です。


それではコールドプレイです。
日本公演、明日からじゃん!
つい先日の週末、グラミーの場にいたのに
たぶん今はもう日本に来てるんですよね?
終わってから飛んできたってことでしょう。
「美しき生命」での最優秀楽曲賞と
最優秀ロックアルバム賞、
最優秀ポップパフォーマンス賞最優秀、おめでとう!

美しき生命 【通常盤】

美しき生命 【通常盤】

  • アーティスト: コールドプレイ
  • 出版社/メーカー: EMI MUSIC JAPAN(TO)(M)
  • 発売日: 2008/06/18
  • メディア: CD


で、本題のコールドプレイの第2回目ですよ。
続きを読む...
Posted by 青木 優 at 12:27 | この記事のURL | | コメント(605)
コールドプレイ@ / 衝撃&笑撃!半裸のクリスの親バカ・ラップ  2009年02月07日(Sat)

青木、明日の日曜は
チッタでのDRF4にDJでお邪魔します。
(DJとしての出番が若干変わりました。
MAIN STAGE では19時00分から20分まで、
つまりthe telephonesとGOOD 4 NOTHINGの間。
BAR STAGE のほうは20時20分から50分までです)

1日から始まったダイノジロックフェスは連日の開催で、
今日でちょうど1週間目。
そのうち大阪、名古屋もあり、昨日は川崎でオールナイト。
みなさん、お身体のほうは大丈夫でしょうか?
楽屋でご飯炊きながら頑張ってるそうです(笑)。
ホノとカミさんも行きたそうなんだよなあ。


今朝のホノは軽い中耳炎と副鼻腔炎で、
僕と耳鼻科に行ってから保育園でした。
まあ元気なんで、大丈夫でしょう。
最近のホノは自己主張が強くなって、
ママとやり合うことがしばしばでですね。
悪いことしても、なかなか謝れなかったりして、
見てると面白いっす。
そして間に入るのが僕だったりします。
意外と意固地なんだなあ、娘。


そういえば今って
フォール・アウト・ボーイが来てるんですね。
僕は観に行けませんわ。


そして今回からは、こちらも来週から
東京(さいたま)と大阪でライヴが行なわれる
コールドプレイについて書きます。
現在、世界屈指のメジャー・バンドですね。
こちらはわたくし、観に行けることになりました。

で、その中心がソングライターであり、
ヴォーカリストでもあるクリス・マーティン。
この人って、子どもにまつわる話が多いんですね〜。

続きを読む...
Posted by 青木 優 at 13:31 | この記事のURL | | コメント(578)






最近書いた記事
     カテゴリー
青木 優 E-mail
コメント ☆ お気軽にひとつ
QRコード
青木 優のブログをモバイルでアクセス



×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。