♪ジャーナリスト/ライター 青木 優のブログ・コラムです!                                                  ただいま10才の娘の子育てに参加しながら働く父親です。                                                ここでは、古今洋邦のミュージシャンたちの育児観・子ども観について語りまくっております♪                         通称「コソロック」!!  リンクフリーですので、よろしくっ☆                                               ◆   ◆   ◆   ◆   ◆   ◆   ◆   ◆   Twitterでは you_aoki


にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ
人気ブログランキングへ

累計: 検索エンジン登録
本日: SEO対策
昨日: メール配信

アクセスアップ
RSS1.0 RSS2.0
<< 2015年09月>>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
青木 優 プロフィール

★<あおき・ゆう> 1966年、島根県雲南市(旧・大原郡)生まれ。

★1994年より音楽ライター/ジャーナリストの仕事につく。
 洋邦のロックを中心に、インタビューやレビュー、ライヴ・レポの執筆といった仕事はもちろん、音楽シーンの考察、対談および座談会の司会役もこなす。
 たまにラジオに、ごくたまにテレビにも出演。
 DJもやりますよ。

★現在の主な執筆誌は「テレビブロス」「音楽と人」「WHAT’S IN?」「MARQUEE」「東京カレンダー」「オリジナルコンフィデンス」などなど。webでもちょこちょこ仕事してます。

★東京都文京区にて、カミさん(妻)、そして2003年秋に生まれた長女ホノと3人暮らし。

★そしてそして06年夏、かねてからアイディアをあたためてきたこのブログ・コラム「子育てロック」をスタートさせることができました。
 07年4月には親子でNHK総合テレビの番組『パパサウルス』に出演。そのほか、当<コソロック>への反響、じわじわといただいておりまする♪
 みなさん、ありがとうございます! どんどこ書きますので、どんどこ読んで、どんどこツッコんでやってください!

★Twitterは → you_aoki
 トラックバック ☆ どうぞ
リンク☆相互リンク募集〜
これまでの記事
TOP / フォール・アウト・ボーイ 子の写真
フォール・アウト・ボーイB / わが子の写真、売りますか!?  2009年01月14日(Wed)

どもども。
わたくしとホノの体調がここんとこふるわず、
カミさんに心労かけてしまってます。
僕もホノも珍しいことに、
少しやせた!?てな疑惑が起こるぐらいで。
僕はもう大丈夫で、ガリガリ働きまくってて、
取材も原稿も進めてるんですけど!
でもライヴにちょっと行けなかったりしました。

そしてホノは保育園をお休みしています。
家ん中ではもう元気なんだけどねー。

ともあれ、カミさん、ありがとうね!
今回は頼りにしたよ。


そんな毎日ですが、
パレスチナから届く戦火のニュースが
いつも本当に悲痛です。
虐殺はやめてくれ、もう!
子どもたちが死んでってるの、
想像するだけで泣いちゃうよ。


日本国内の報道では……
子どもに関連して、この話題がちょっと。


<ORICON STYLE 2009年1月11日の記事
 相方の小沢「育児放棄や浮気は全部本当」>



8日に女優安達祐実(27)と離婚した
スピードワゴン井戸田潤(36)が、
すでに別れを決意していた今年の正月に
EXILEのUSA(31)と旅行していたことを明かした。

10日、東海地区放送のレギュラー番組、
中京テレビ「アンデュ」に離婚後初めて生出演。
番組冒頭「祐実ちゃん、見てる〜?
離婚理由は、育児放棄や浮気と言われましたが、
全部本当です!」とちゃかす、
相方の小沢一敬(35)をたしなめながら
「お騒がせしました」と頭を下げた。



えーと、離婚騒動については、どうでもいいです。
僕はここで井戸田さん、つまり父親側について
<育児放棄>という表現が使われているのに
ちょっと引っかかったんですよ。

育児放棄――ネグレクトっていうのは、
たしかに親の側に対して用いられる言葉なんですけど。
この安達家では、両親がいる状況でありながら、
父親に対してこの表現をあてているんですね。
日本の有名人の父親で<育児放棄>って言われたの、
たぶんこの井戸田さんが初めてなんじゃない?

で、なんか違うような気がするんだな……。
言葉の使い方を間違えているような。

だってこれ、ありていに言い直すと、父親の側が
育児に参加してないってことでしょ?
そんなの、あちこちの家庭であることじゃん。
現状って、そういうものじゃないですか。
仕事が忙しくて、子どもの世話ができなくて、
なかなか妻をフォローできない夫なんて、いっぱいいる。

それを<育児放棄>って言葉で揶揄する動きを、
今回、僕は初めて見たのです。

父親の子育てへの不参加を
育児放棄って言い方で問題にするんなら、
いったい何パーの家庭が育児放棄してんだ?って思う。
そりゃもう、すごく高い数字になると思いますよ。
この問題を報道したマスコミ関係で父親の立場の人の
どんだけが育児参加してるのか訊きたいぐらいだわ
(あ、最近、
マスコミ関係は他業種に比べ、独身者の割合が
男女とも極端に高いって統計があったそうですけど。
それはさておき)。

で、僕はこのコソロックで、父親の育児参加についても
積極的に書いてるし、どんどん話題にしたいと思うけど。
でも、それが絶対だとも思わない。
家庭には、それぞれいろんな事情があるからね。
育児参加したくても、
どうしてもできないというお父さんだって大勢いるし。

今回のこの<育児放棄>という言葉の使われ方は
父親の育児参加が当たり前になりつつある今だからこそ
出てきたものだろうなと思いました。
でも、なんか違うと思うなあ……。
最近の風潮にありがちな、
物事の概念の本質を曲げて解釈し、
それこそが問題であるように取り上げられてしまう状況を
ここでも見た気がします。


えーと、先週の金曜日は大崎でDJしました。
今までで一番深く考えずに選んだメニューでした。

1.『11PM』のテーマ(オープニング・ヴァージョン)
2. Ulysses / FRANZ FERDINAND
3. I Can’t Go for That / DARYL HALL & JOHN OATES
4. Uncontrollable Urge / DEVO
5. July / NATTY
6. Comme a la Radio / BRIGITTE FONTAINE
7. Sing for Me / ANTONY & THE JOHNSONS
8. さわやか会社員 / 相対性理論
9. Mon Oncle―Adios Mario? / JACQUES TATI
10. Simon Says / 1910 FRUIT GUM Co.
11. The Kids are Alright / THE WHO
12. Do it Again / THE CHEMICAL BROTHERS
13. ジェニーはご機嫌ななめ / ジューシィ・フルーツ
14. Been Caught Stealing / JANE’S ADDICTION
15. Lump / THE PRESIDENTS OF
    THE UNITED STATES OF AMERICA
16. Love Will Tear Us Apart / JOY DIVISION
17. Beautiful Day / U2
18. Don’t Answer Me / THE ALAN PARSONS PROJECT
19. No Surprises / RADIOHEAD


それにしても早々と大注目中なのは相対性理論。
去年も一度かけたんですけどね。

ハイファイ新書

ハイファイ新書

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: インディーズ・メーカー
  • 発売日: 2009/01/07
  • メディア: CD


世界征服よりも
今日のご飯考えるので精一杯だそうです。
この落差のレベルって、なんかもう……すごいです。


<リタ改めAmika>さん、コメントありがとうです。
紅白の話は……もうしません(笑)。


ではフォール・アウト・ボーイの最終回(いちおう)。
正確にはアシュリー・シンプソンの話でもありますが。



続きを読む...
Posted by 青木 優 at 17:37 | この記事のURL | | コメント(562)
フォール・アウト・ボーイA / ピートの赤ちゃん誕生狂想曲  2009年01月08日(Thu)

明日9日の22時過ぎから、今年最初のDJ当番@大崎です。
よろしくっすー。
あそこは広くてキレイで、しかもカジュアルなバーだよね。


今年はみなさん5日の月曜から働いてるような感じで、
帰京して早々忙しいっす。
でも海外は2日から普通に働くらしいのでね。
正月の三が日って考え方は日本独自のものなのか。
ただ、とにかくみんな一緒にじゃないと
休まない国民性なので、これはこれでいい、
というか、しょうがない気がします。
それ以前にこのご時世、
労働できる状況に感謝しないとな。


ホノもすでに保育園に通ってますよ。
今日は療育に行ってからでしたけど。

今朝はまた、よう泣いたなあ。
起き抜けからウギャ〜ゴギャ〜アウウウ〜!
と泣きづめで、泣きやむまでに30分。
こっちは朝っぱらからウンザリ、ゲッソリ。
名古屋ではいい子だったのに……ほんと、イライラするわ。
もう5才なんだし、そろそろ朝は落ち着いてほしい。
夜もママとしか寝たがらないし、
ここに来てまた負担が増えてる状況です。
まあ今まで何度か経験した
「うわー、こりゃしんどいなー」って時ほど重たくないけど。


5日にNHK-FMの『ミュージック・スクエア』
<ミュージック・シーン2009 男性アーティスト篇>に
ゲストに出た時に、かけた曲です。

1. WORK THAT feat.FARRELL & CHRIS BROWN
                   / TERIYAKI BOYZ
2. Love Story / 清水翔太
3. LIFE(Live@OTODAMA 08.8.31) / キマグレン
4. SYNCHRONIZE / LEO今井
5. can't stop the DISCO / 鈴木亜美
6. 朝が来る前に / 秦 基博
7. HappyTrail / 大橋トリオ
8. 幸福な朝食 退屈な夕食
 (Live at 品川ステラボール 2008.8.25) / 斉藤和義
9. ビルマニア / 吉井和哉
10. キャンプファイヤ / 369+RYO+TSUBOI+YAIKO

NIGOさんにお会いした時には
彼の背後に札束の壁を妄想したもので(笑)。
大橋トリオさんには、ホノが頭をなでてもらった。
レコ大の時の斉藤さんは、めちゃ寒そうだった。
なんてことを、放送のあとで思ったりしました。


それから<ズミ>さん、新年一回目にコメントをくださり、
ありがとうございます(あ、請求書送らなきゃ……)。
僕もレコ大で森進一の過去の映像観ましたよ。
それは「襟裳岬」だったんですが、
たしかにソウルフルだったっす。
そして若くてフレッシュで爽やかでした。
対して、今回の紅白での進一は、その正反対(笑)。
人間って面白いですねー。

しかし進一ネタ、食いつきがいいなあ。
別にメールももらったりしたし。
ONE OK ROCKも負けてはならんぞ。

ゼイタクビョウ

ゼイタクビョウ

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: Aer-born
  • 発売日: 2008/01/01
  • メディア: CD


んでは今日はフォール・アウト・ボーイのピートの長男の
ブロンクスくんが昨年11月に産まれて以降のお話です。
つい最近じゃん。

続きを読む...
Posted by 青木 優 at 15:26 | この記事のURL | | コメント(24)
フォール・アウト・ボーイ@ / 現代セレブ婚→出産  2009年01月04日(Sun)

大吉!



ホノはおみくじ運が異常に強く、
この正月も名古屋の大須観音で大吉を引きました!
ここでは5年前も大吉だったし、
去年の島根・一畑薬師でも大吉……。
すごいです、わが娘。
そばでは凶を引いてる人を2人も見かけたのに〜。
でも正月早々ちゃんと入ってるもんなんだね、凶。
それで厄が落ちるといいですね。
僕とカミさんはどちらも吉でした。
うちらの厄は、紅白で森進一が落としてくれましたけん
(もういいっつうに/笑)。

ということで、この正月は
カミさんのほうの実家に身を寄せております。
先ほどの大須観音は、ものすごい人出で、
参拝するにもめっちゃ長〜い列……。
とっとと諦め、境内の外で手を合わせて済まし、
あとは露天で串カツとかおでんとか食べました(笑)。
その後僕は大須を歩いたんですが、
よく通うようになった4、5年前からも変わったよなあ。
移転してきたまんだらけにも行きました。
ほとんど何も買わなかったけど、
いろんなものがゴチャゴチャしてる感じが好きです。

ホノは、こっちの家ではペットのネコを追い回してます。
そして親戚の子どもたちはともかく、
おじさんたちにもまとわりついてですねえ。
何でまたそんな、なれなれしいのかと(泣)。
苗場で次々に
フジロッカーズと交流した光景を思い出すわい。
そして遊び疲れるのか、夜に泣いて起きたりしないし、
珍しくいい子。

かく言う僕も親戚の子にまとわりつかれてます(泣)。
小学生の子の相手が一番体力使うねー。
WiiSportsではホームラン連発したけど!

で、ごちそう続きだし、お正月な感じです。
でも気持ちが仕切り直せて、正月休みも良いですね。
帰京したら、いきなり忙しそうだしなー。


あ、そうそう、
明日5日のNHK-FM『ミュージック・スクエア』に出ます。
テーマはいつもどおり
<ミュージック・シーン2009 男性アーティスト篇>です。
21時10分から95分間しゃべりまくるんで、
よろしく聴いてやってください。


ではでは2009年のコソロック、
最初に登場するのはフォール・アウト・ボーイです。

続きを読む...
Posted by 青木 優 at 09:28 | この記事のURL | | コメント(481)






最近書いた記事
     カテゴリー
青木 優 E-mail
コメント ☆ お気軽にひとつ
QRコード
青木 優のブログをモバイルでアクセス



×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。