♪ジャーナリスト/ライター 青木 優のブログ・コラムです!                                                  ただいま10才の娘の子育てに参加しながら働く父親です。                                                ここでは、古今洋邦のミュージシャンたちの育児観・子ども観について語りまくっております♪                         通称「コソロック」!!  リンクフリーですので、よろしくっ☆                                               ◆   ◆   ◆   ◆   ◆   ◆   ◆   ◆   Twitterでは you_aoki


にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ
人気ブログランキングへ

累計: 検索エンジン登録
本日: SEO対策
昨日: メール配信

アクセスアップ
RSS1.0 RSS2.0
<< 2015年09月>>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
青木 優 プロフィール

★<あおき・ゆう> 1966年、島根県雲南市(旧・大原郡)生まれ。

★1994年より音楽ライター/ジャーナリストの仕事につく。
 洋邦のロックを中心に、インタビューやレビュー、ライヴ・レポの執筆といった仕事はもちろん、音楽シーンの考察、対談および座談会の司会役もこなす。
 たまにラジオに、ごくたまにテレビにも出演。
 DJもやりますよ。

★現在の主な執筆誌は「テレビブロス」「音楽と人」「WHAT’S IN?」「MARQUEE」「東京カレンダー」「オリジナルコンフィデンス」などなど。webでもちょこちょこ仕事してます。

★東京都文京区にて、カミさん(妻)、そして2003年秋に生まれた長女ホノと3人暮らし。

★そしてそして06年夏、かねてからアイディアをあたためてきたこのブログ・コラム「子育てロック」をスタートさせることができました。
 07年4月には親子でNHK総合テレビの番組『パパサウルス』に出演。そのほか、当<コソロック>への反響、じわじわといただいておりまする♪
 みなさん、ありがとうございます! どんどこ書きますので、どんどこ読んで、どんどこツッコんでやってください!

★Twitterは → you_aoki
 トラックバック ☆ どうぞ
リンク☆相互リンク募集〜
これまでの記事
TOP / アルバート・ハモンドJr.  Sr.とJr.
アルバート・ハモンド・ジュニアC / 父と子、ほのぼの対談  2008年09月12日(Fri)

ホノが熱を出してました。
やーれやれ、でしたわ。
その影響で僕は仕事が滞ったり、
カミさんは予定をキャンセルしたり。
薬をなかなか飲んでくれないので、毎食後は大騒ぎ。
しかもその余波か、僕もカミさんも体調がふるわずで、
今週は家族揃って冴えませんですわ……。
おかげさまでホノはもうほぼ治って、
今日からは保育園に行ってるんですけどね。
季節の変わり目、みなさんもお気をつけて。

それにしても、5才になっても依然ギャンギャン泣いたり、
機嫌の良し悪しが激しいわが子には困ったもんだ。
とにかく手がかかりすぎる〜。
もっと楽させてくれたら、もっと稼いでやれるのに!
まあ、んな事情、子どもにはわからんわなー。
パパにはおしごとしないで、遊んでほしいらしいし。


あ、さーて。
ストロークスにインタビューをしたのは、2003年、
2ndアルバム『ルーム・オン・ファイア』の発売前。

{amazon B0000CBCAR}

彼らがサマーソニックで来日した時でした。



続きを読む...
Posted by 青木 優 at 14:35 | この記事のURL | | コメント(293)
アルバート・ハモンド・ジュニアB / 御曹司軍団!ストロークス  2008年09月09日(Tue)

♪ももたろさん ももたろさん
おこしにつめた 肉だんご
ひとつ わたしにくださいな♪


と唄ってたのは、もちろん娘です。
きびだんごでなく、肉だんご。
しかも腰に詰めてるて……なんか痛そうな感も少々。
ご当地・岡山のみなさんもコケるわよ。

20年前、大阪から埼玉のアパートに引っ越した時、
不動産屋さんと大家さんへのあいさつがわりに
岡山銘菓のきびだんごを持っていったら、
「これは珍しい」と言われたのを覚えてるなー。
僕の田舎の島根は同じ中国地方なんで、
そんなに珍しくもなかったんですけど。
ちょっと変わった味よね、あれ。


ところで先月、田舎の妹夫婦が飼っていた犬ちゃんが
亡くなったことを書きました
が、
ホノにこのことを教えるのが難しくてね。

というのは、ホノはまだ幼いので、
よく遊んでくれてたあの犬が
この世からいなくなったという概念が理解できないようで。
僕も「もうバイバイしちゃって、いなくなっちゃったの」と
伝えてみたりしているのですが、
それでもわかったよーな、わからんよーな感じで。

今ではカミさんの努力もあり
「お空に飛んでっちゃって、どっか行っちゃったんだよね」
なんてところまでは言いますが
……どこまでわかってるかなー。

次に帰省する時には、新しい犬ちゃんとも会えるよね。


この話を考えてたら、
自分の幼稚園の卒園式のことを思い出しました。

式の最後のほうで、歩いて退場する僕たちを見て、
担任の先生が泣いてたんですね。
その時僕は<先生、僕らが小学校に行くことに
胸がいっぱいなんだな、うれしいんだな>と
子ども心に思った記憶があります。
でも周りの友達の何人かは
「せんせー、何で泣いてるの?」と言ってたんですね。

幼児にはずっとお別れしちゃうことの悲しみは、
それも生命を失うという概念の理解までは、
なかなか難しいか……。


そこでさらに考えてしまったんですが、
今の子たちは
小さい頃からゲームに親しんでるじゃないですか。
まあ僕もやるほうなので、
ゲーム文化は好きなほうなんです。

だけど、まだ年端も行かないうちから
その中で簡単に命を奪ったり亡くしたりするようなことが
普通にまかり通ってるような習慣があると、
生命に対する観念も、絶対に影響されるよね。
これは気をつけないと……。

命を失うことは悲しいこと、せつないこと、
怖いことだというのを、
言葉で教える以前に、
まずは子どもたち自身が体感してくれること。
ゲームで遊ぶのは、それ以後じゃないとな……。

なんて思ったりしました。


ところで全然話が変わりますが……、
先週、東京JAZZでのことを書きました
スライ&ザ・ファミリー・ストーン。
その後に行なわれた今月2日のブルーノート公演は
大変なものだったことがわかりました。

バンドの演奏は1時間半前後演ったみたいですが、
スライ御大はそれぞれのショーでお客さんの前に
12分ずつしか姿を現さなかったというのです!
い、15750円で12分……(もうちょっと高い席もあり)。
演奏もお客さんの盛り上がりも大きかったようですが。

メニューには「サムバディズ・ウォッチング・ユー」
「ホット・ファン・イン・ザ・サマータイム」
「イン・タイム」などが加えられていたようですが。
しかし主役がじゅじゅじゅ、12分……。
いいい、15750円で(しつこい)。
その話聞くと、国際フォーラムのA席6500円で済んで
安堵したような気持ちも、若干。
いや、かなり。

うーん、スガ シカオ氏はどっちか観に行けたのかな〜?
実は先月取材で会った際に
スガさんにスライ来日の話をしたのですが、
アルバムの発売直前で忙しいから、
行けるかどうか……みたいなことを言ってたのですね。

{amazon B001C0CJXI}

えー、では翻って、アルバート・ハモンド父子です。
また間が空いてしまいましたが、ガシガシ書きますよ〜♪

続きを読む...
Posted by 青木 優 at 03:17 | この記事のURL | | コメント(383)
アルバート・ハモンド・ジュニアA / 父アル、実は苦労人  2008年08月28日(Thu)

どっしゃー。

と、ドシャ降りの中、保育園から帰ってきた今日でした。
家を出る時は止んでたから安心してたら、
ホノを乗せての帰り道のうち、5分間だけ大変な豪雨に。
しかも最悪なことにレインコートを忘れてったもんで
僕もホノもぐっちょんちょんでした……。
すまんな娘。
おかげで今日は
もう5時半にはお風呂から上がってた(笑)。

そんな感じでいつものペースに戻ってはいますが、
原稿書きと取材とライヴと家事・育児が
通常以上に混沌としていたりします。

先週ホノとカミさんが帰ってきたタイミングで
東京はとても涼しくなったんですが、
また若干蒸し暑くもなり。
そして雨の日が多いですねー。
チャリでの送迎が大変よ。

帰ってきた頃のホノはなんだか体調が優れず、
戻った翌日は寝る前に
1時間ちょっとの間に4回も軽く吐いたりしてたんですが、
そばについていたわたくしが
その都度洗面器でナイスキャッチをし、
さすが親子!なコンビネーションでしたよ。
今はもう大丈夫なんですが、
庭の蚊に刺されたあとがね……。
夏ももう終わりますけど。

オリンピックの話題も過去の祭りですね。
ソフトボールの上野さんは時の人で、
柔道の石井は発言を規制され、
野球のG・G・佐藤もすでに試合で捕球しています。
ソフトの宇津木前監督は青木の母親と似ています。
と言うと、おかん、嫌がるのだが。

……ちょっと間空けると書くネタが溜まりすぎるな。


コメントもいろいろありがとうございます。
RISING SUNDに多数いただいてます。

<果林>さん、
昇る太陽を感じてくださいなー。
北海道の日の出は早いです。

<ナムロアミエ>さん、
全部読んでくださって、どうもありがとうございます。
僕もなんだかんだ10数年この仕事をしているせいで、
30代の音楽ファンの方に
昔のことを話されることがありますね。
今も現役バリバリな若い人もいますが、
一方で、もはや最近は
音楽をあまり聴いてないという親の立場の人とかも。
やはり親という立場になると、
なかなか音楽と接している時間が
減っている方が多いですね。
でも中にはそうでなく、
相変わらずロックが好き!という人もいます。
どちらの方にも楽しんでもらえたらいいなと思います。

そして<つくし>さん、重ね重ねですが
写真をありがとうございました。
ほんの一瞬しか会えなかったですけどね。
今年はキッズエリアは行けなかったです。
取材でのライジングサンは、
もはやゆっくり過ごせません(泣)。
今や始まった当初の
ステージひとつとかふたつの頃が懐かしすぎます。
そしてフェスでなくとも、
ほかの家のお子さんを見てなきゃいけない状況って
参りますね。

あとBの回にもありがとうございます。
ベンジーに似た人って、いるみたいですね。
大ファンで、ファッションとか意識してる人ね。
しかしアイゴン似は初耳……。
ただ、今の彼はわりとスリムめですね(笑)。
それよりも柚木さんがこの4年で体型を戻してましたなあ。

そういえば昔、ボブ・ディランのライヴを観に行った時に
彼のコスプレ(という言葉すらない頃)を
してるファンがいて、
ものすごく本物を気取ってて大笑いだったという話が。
ファッションをマネされるのは、カリスマの証でしょう。


しかしまあ、ふだんのライヴも、フェスも多く、
それと関係してたり無関係だったりの取材もたくさんで、
とにかくたくさんのライヴを観て、
ミュージシャンともお話をした7〜8月ですわ。
関係者のみなさんや友人・知人との会話もわりと多めで、
みなさんのおかげで今の生活があると痛感しています。
ほんとに感謝感謝でございます〜。
夏休みなんで、子どもたちもいっぱい見かけた。
ひさしぶりに会った保育園の子たちも、
みんな元気で、いいことです。


さーて、そろそろ通常どおりに戻します。
とはいえ、前回アルバートのことを書いたのは、
もう2週間も前だったか……。
えーと、彼はサマソニに来れなかったんでした。

続きを読む...
Posted by 青木 優 at 23:48 | この記事のURL | | コメント(201)
アルバート・ハモンド・ジュニア@ / ストロークスのギタリストくんは有名シンガーのU世  2008年08月14日(Thu)

また北島が金!?
おめでとう。
そのほかの、あまり注目されてない競技や選手なのに
入賞したみなさんもおめでとう。
いや、オリンピックに興味がないわけではないんですよ。
報道の姿勢がハア?って感じで、
引いてしまってるだけです。
だいたい、いっぱい報道されてるのに限って
勝ててなくない?
それにニッポンニッポンばかりではなくて、
もっと全体をちゃんと報道してほしい。
これは、日常的な野球やサッカーの
<今日の日本人選手>みたいな報道姿勢にも
同様のことを思う。


今日からRISING SUN ROCK FESTIVALの取材で
北海道に行ってくる青木です。
というわけで仕事関係のみなさま、
急ぎの業務を依頼されてもムリですので、ご了承ください。
会場に来られる方は楽しみましょう♪


サマソニでライヴ見まくった僕ですが、
そんな喧騒の中、
島根の実家で妹たちが飼っていたコーギー犬が
亡くなったということを知りました。
あの犬ちゃんは、帰省中に
ホノともたくさん遊んでくれました。
ホノって本当に動物が大好きなんだなとわかったのは、
1才の時、この犬が近寄ってきてワン!と吠えても
ニコニコしていたことからなんです。
小さなホノに気を遣ってくれたり、
オムツにうんちしていたらクンクン嗅いで
追い回したりしてくれました。
まだそんなに歳でもなかったのにね……。

そして今は君も初盆、ということなのかな。
天国でもお尻プリプリしながら歩いてるかな。


えーと、コメントありがとうございます。

清志郎の回にくださったのは<mama★rockets>さん、
どうもおひさびさです。
そうですか、サンボマスターの山口くんも
歌を清志郎に捧げていたんですね。
みんな彼が帰ってくるのを待っています。

それから<ロイル>さん、
まさかサマソニの回
SHERBETSについて書いた文章を投稿してくださるとは、
ちょっと驚きました(笑)。
(ちなみにSHERBETSは
数年前にサマソニに出てますよね)
僕も、本当にキレイな気持ちは
失ってはいけないと思います。
その上で、その先を唄おうとするベンジーは
すごい才能の持ち主だと思います。
それにしてもメールで
<うちのバンドの音を聴いてください>みたいなのは
たまにいただくんですけど、
コメント欄に原稿を送ってくれた人は初めてでした。
どうもありがとうございました。


さて、今日はストロークスの
アルバート・ハモンド・ジュニアくん。
そう、彼は今回のサマソニに
ノドの炎症のために来れなかったんですよね。
期待してたのになあ、残念っ!

続きを読む...
Posted by 青木 優 at 12:38 | この記事のURL | | コメント(108)






最近書いた記事
     カテゴリー
青木 優 E-mail
コメント ☆ お気軽にひとつ
QRコード
青木 優のブログをモバイルでアクセス



×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。