♪ジャーナリスト/ライター 青木 優のブログ・コラムです!                                                  ただいま10才の娘の子育てに参加しながら働く父親です。                                                ここでは、古今洋邦のミュージシャンたちの育児観・子ども観について語りまくっております♪                         通称「コソロック」!!  リンクフリーですので、よろしくっ☆                                               ◆   ◆   ◆   ◆   ◆   ◆   ◆   ◆   Twitterでは you_aoki


にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ
人気ブログランキングへ

累計: 検索エンジン登録
本日: SEO対策
昨日: メール配信

アクセスアップ
RSS1.0 RSS2.0
<< 2015年09月>>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
青木 優 プロフィール

★<あおき・ゆう> 1966年、島根県雲南市(旧・大原郡)生まれ。

★1994年より音楽ライター/ジャーナリストの仕事につく。
 洋邦のロックを中心に、インタビューやレビュー、ライヴ・レポの執筆といった仕事はもちろん、音楽シーンの考察、対談および座談会の司会役もこなす。
 たまにラジオに、ごくたまにテレビにも出演。
 DJもやりますよ。

★現在の主な執筆誌は「テレビブロス」「音楽と人」「WHAT’S IN?」「MARQUEE」「東京カレンダー」「オリジナルコンフィデンス」などなど。webでもちょこちょこ仕事してます。

★東京都文京区にて、カミさん(妻)、そして2003年秋に生まれた長女ホノと3人暮らし。

★そしてそして06年夏、かねてからアイディアをあたためてきたこのブログ・コラム「子育てロック」をスタートさせることができました。
 07年4月には親子でNHK総合テレビの番組『パパサウルス』に出演。そのほか、当<コソロック>への反響、じわじわといただいておりまする♪
 みなさん、ありがとうございます! どんどこ書きますので、どんどこ読んで、どんどこツッコんでやってください!

★Twitterは → you_aoki
 トラックバック ☆ どうぞ
リンク☆相互リンク募集〜
これまでの記事
TOP / KenYokoyama 子育てパンク社長
Ken YokoyamaD / 未来を生きる子どもに希望を残したい  2015年08月31日(Mon)

夏休みも今日でおしまいです。
8月のホノは
名古屋のカミさんのほうの実家に行ってたりでしたが、
夏休み宿題をやりつつ……

一緒に横浜スタジアムや東京ドームに行ったり、





江戸東京博物館に行ったり、



日比谷公園の大盆踊りに行ったりでした。



僕は、およそ20年ぶりにサザンや



念願のディアンジェロを観たりしましたね。



さて今回は、2年ぶりにKen Yokoyamaです。
この夏の彼はなんと
『ミュージックステーション』に出ましたね。

横山 健 -疾風勁草編- [DVD]

横山 健 -疾風勁草編- [DVD]

  • 出版社/メーカー: PIZZA OF DEATH RECORDS(DDD)(D)



横山健 随感随筆編

横山健 随感随筆編

  • 作者: 横山 健
  • 出版社/メーカー: 扶桑社
  • 発売日: 2014/05/15



横山健 ―岸田哲平編― (SPACE SHOWER BOOKS)

横山健 ―岸田哲平編― (SPACE SHOWER BOOKS)

  • 作者: 岸田 哲平
  • 出版社/メーカー: スペースシャワーネットワーク
  • 発売日: 2015/03/27


その健さんのインタビューにグッと来たので、書きます。


これですね。


<CINRA 2015年8月31日の記事
 Ken Yokoyamaの願い
「未来を生きる子どもに希望を残したい」>



続きを読む...
Posted by 青木 優 at 19:46 | この記事のURL | | コメント(0)
KenYokoyamaC / 健さんが語った杉並、そして子育て  2013年09月29日(Sun)

季節はすっかり秋ですね〜。
ついこの前まですっごく暑かったのに。
ホノの学校の運動会も早々と終わりました。

わたくしも元気にというか、
いつもの感じで生きております。

しかしこの秋も、まあ夏ほどではないにしても
わが家はイベントや予定が目白押しですわー。
クライマックスシリーズは観に行くかどうか考え中。
巨人・広島なら観なくてもいいしな……。


さて今回はKenYokoyamaです。


僕は最近の彼のライヴ、
今年のARABAKIで観たぐらいですけど。

こういう記事を見つけたのですよ。
なんと杉並区の公式サイトに彼が出てるのです。


<すぎなみ学倶楽部 杉並の著名人に聞く
 私と杉並 横山健さん>

続きを読む...
Posted by 青木 優 at 21:53 | この記事のURL | | コメント(406)
KenYokoyamaB / 「Father’s Arms」で表明した父としての幸せ  2007年10月30日(Tue)

深夜、ホノが泣いて起きだすんですよ。
夜泣きはそんなひどい子じゃなかったんだけど
(つか、夜に多くなかったってだけで
泣きっぷりは充分に壮絶なほうだと思いますが)
この頃は夜中にいきなり泣いて起きて、
あとは元気に1時間以上活動するというね……。
今朝は3時半に起きて、一緒に遊べとか何食べたいとか
うるさいんだよ〜。もう!
どうにか再び寝入ったのは5時前。
おかげで仕事、全然はかどらんかった(涙)。


先週、編集の人に
<子育てパパ力(ぢから)検定>というものがあると
教えてもらいました。
その翌日に、たまたま本屋で問題集のほうも見かけた。

<子育てパパ力(ぢから)検定(パパ検)
オフィシャルサイト>


このサイトのほうに練習問題もあるので、
どちらさまもチャレンジしてみてはいかがでしょうか。
まあパパの育児への意識を高めようという姿勢そのものは
いいと思います。
僕の意見はそのぐらいにしておきましょ。

ただ、こういうのにしても当「子育てロック」にしても、
すすんで読んでくれる人は
育児に対して意識的な人たちだと思うのです。
世間における男性の育児参加を促すポイントは、
こうした動きに対して無頓着な、
まったく関心のない人たち――
つまり働きバチなだけとか、あるいは
自己中で、育児のことを顧みようとしない親たちに
どう意識を持ってもらうかのほうにある気がします。
まああのオッサンどもは頭固いんで
(って具体的にどんな人らだ)難しいと思うけどねー。
先回りして、法整備の側から埋めたほうが
参加を促す上では有効かも。


<つくし>さん、ありがとうです。
僕個人は、<子育てイコール大変なことばかり>と
思わせてしまうぐらいでもいいような気がします。
子育てのポジティヴな意見だってそこらじゅうにありますし。
むしろ、いい加減に捉えてて覚悟が足らなすぎて、
いざ子育てに直面した時にネグレクト(育児放棄)とか
虐待してしまうような親が出てくるぐらいなら、
初めからある程度のツラさ、大変さを
覚悟して産んでもらったほうがいいのではと。
それでも育児の現場で起こるのは
予測できないことだらけなんだけど……。
まあこれは、人生そのものがそうなんですけどね。


横山健さんの、とりあえずの最終回です。
最後はとてもいいインタビューを紹介します。

続きを読む...
Posted by 青木 優 at 17:17 | この記事のURL | | コメント(511)
KenYokoyamaA / 子育てを語る!怒涛のインタビュー群  2007年10月26日(Fri)

僕たち夫婦の恩人(笑)である佐川秀文さん
お子さんが誕生しました!
佐川さんをチョコベビーズの一員として知ってる方も
(多少なりとも)いらっしゃるのではと。
佐川さんがいなかったら
ホノも存在してないかも、ですから。
ともかく、おめでとうございます!


昨日、というか何時間か前、日本武道館で
吉井和哉のライヴを観てきましたよ。
最後の「雨雲」、じーんときました。
その吉井さん、「マンチー」という曲でたしか一瞬だけ
「おっぱっぴー!」と叫んでた気がするのですが――。

実はホノも「おっぱっぴー」と言うんですわ(泣)。
うちはバラエティとか観ないので、
外で、誰が教えたのやら。
不意に言われるたんびに気が抜けます。
うーむ、ずっと昔にキャプテン・トリップの松谷社長に
「子どもは<どこで覚えてきたんだ!?>ってことを
言うようになるんだよ」と教えてもらったんだけど、
まさにそうなってきてるにゃあ。


コメント、感謝です。

<果林>さん、
笠井アナは子だくさんで有名ですね。橋下弁護士同様。
パパのみなさん、働きすぎず、そのぶん育児参加をぜひ。

<Takumix>さん、初めまして。
ピザデスってロンパースを出してるんですね!
ちょっとビックリ〜。
でも育児推奨アーティストなら
グッズ作る意味ありですよね。


えーさて、横山健さんですが。

続きを読む...
Posted by 青木 優 at 05:36 | この記事のURL | | コメント(1)
KenYokoyama@ / 子育て参加型パンク・ロッカー  2007年10月22日(Mon)

日曜日は文房具屋、本屋、スーパーと、
チャリに乗ってホノと買い物に行きました。
その途中、近所の老夫婦を見かけたホノ、
笑顔で「こんにちは〜」と手を挙げてやんの……。
で、「いいねー、お父さんと一緒で」と返してもらう我々。
僕は面識ない人たちだけど、
ホノは会ったことがあるみたい。
直後に「ちゃんと『こんにちは』言えたね」と自賛。
さらに「お兄さんお姉さんに会ったね」と謎の発言。
「おじいさんおばあさんでしょ!」とツッコむ父(=僕)。

にしても何なんだ、この妙な愛想の良さは?
初対面でも、
慣れたらなれなれしくなるクセも若干あり(泣)。
亡くなった僕のじいさん、
つまりホノにとってのひいじいちゃんに似たのか?


そういえば来週から『オトコの子育て』という、
パパの育児のTVドラマが
朝日系列で始まるみたいですね。
出演は高橋克典、国仲涼子ほか。
子ども3人は小学生か。
3人は大変だろうけど、そんだけ大きけりゃ、まだ楽な気も。
僕はドラマとか観ない人間なので、まあ情報としてここに。


コメントをありがとうございますです。

<小太の母>さん、男の子と女の子では
育てる感覚がだいぶ違うと思いますよ!
ホノは男友達が多く、うちにもよく遊びに来るんですが、
やっぱり男はどの子も骨が太くって、暴れ傾向強し。
こんな体力ない親にとっては女で良かった……とホッ。
でも逆に、もうちょっと適当に扱っていられたかもな。

<macha>さんの書かれている
働くお洒落ママ向けのファッション雑誌、気になりますね。
調べてみよ〜っと。


さあて、今日からはKenYokoyamaこと
横山健さんについて書きます。
現在はソロ名義で活動中ですが、かつては
パンク・バンドのハイ・スタンダードで活躍した人ですね。
(ハイスタはいまだ活動休止中なので、
ここで過去形は使いたくないんですが)

続きを読む...
Posted by 青木 優 at 03:48 | この記事のURL | | コメント(344)






最近書いた記事
     カテゴリー
青木 優 E-mail
コメント ☆ お気軽にひとつ
QRコード
青木 優のブログをモバイルでアクセス



×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。