♪ジャーナリスト/ライター 青木 優のブログ・コラムです!                                                  ただいま10才の娘の子育てに参加しながら働く父親です。                                                ここでは、古今洋邦のミュージシャンたちの育児観・子ども観について語りまくっております♪                         通称「コソロック」!!  リンクフリーですので、よろしくっ☆                                               ◆   ◆   ◆   ◆   ◆   ◆   ◆   ◆   Twitterでは you_aoki


にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ
人気ブログランキングへ

累計: 検索エンジン登録
本日: SEO対策
昨日: メール配信

アクセスアップ
RSS1.0 RSS2.0
<< 2015年09月>>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
青木 優 プロフィール

★<あおき・ゆう> 1966年、島根県雲南市(旧・大原郡)生まれ。

★1994年より音楽ライター/ジャーナリストの仕事につく。
 洋邦のロックを中心に、インタビューやレビュー、ライヴ・レポの執筆といった仕事はもちろん、音楽シーンの考察、対談および座談会の司会役もこなす。
 たまにラジオに、ごくたまにテレビにも出演。
 DJもやりますよ。

★現在の主な執筆誌は「テレビブロス」「音楽と人」「WHAT’S IN?」「MARQUEE」「東京カレンダー」「オリジナルコンフィデンス」などなど。webでもちょこちょこ仕事してます。

★東京都文京区にて、カミさん(妻)、そして2003年秋に生まれた長女ホノと3人暮らし。

★そしてそして06年夏、かねてからアイディアをあたためてきたこのブログ・コラム「子育てロック」をスタートさせることができました。
 07年4月には親子でNHK総合テレビの番組『パパサウルス』に出演。そのほか、当<コソロック>への反響、じわじわといただいておりまする♪
 みなさん、ありがとうございます! どんどこ書きますので、どんどこ読んで、どんどこツッコんでやってください!

★Twitterは → you_aoki
 トラックバック ☆ どうぞ
リンク☆相互リンク募集〜
これまでの記事
TOP / ミッシェル・ガン・エレファント  解散とともに誕生した娘の発病
- 1 2 >>
ミッシェル・ガン・エレファントF / 映画『THEE MOVIE』――錆びた風は続くだろう  2009年12月19日(Sat)

寒い夜だから……きりたんぽ鍋食べました。
ホノも喜んで食べましたよ。
いちいち「お肉〜」とリクエストする娘なのですが。

比内地鶏きりたんぽ鍋セット

比内地鶏きりたんぽ鍋セット

  • 出版社/メーカー: シャディ
  • メディア: その他



鍋シリーズ プチマスコット(きりたんぽ鍋)

鍋シリーズ プチマスコット(きりたんぽ鍋)

  • 出版社/メーカー: (株)エイチ・エヌ・アンド・アソシエイツ
  • メディア:


やっぱ冬は鍋が多くなりますね。
でもうちの3人だけだとたいがい残るので、
翌日のお昼にはおじやにします。
これがまたおいしいの。


さて先日、このコソロックを読んでるという
アーティストの方に、ひさびさに遭遇しました。
阿部真央ちゃん!
ありがとうです。

いつの日も(初回限定盤)

いつの日も(初回限定盤)

  • アーティスト: 阿部真央
  • 出版社/メーカー: ポニーキャニオン
  • 発売日: 2010/01/13
  • メディア: CD


この新曲は、聴いてて、泣きそうになってしまいます。
大人だから泣かないけど。
心で泣きまくってます。
そして待望のアルバム、いいです!

ポっぷ(初回限定盤)(DVD付)

ポっぷ(初回限定盤)(DVD付)

  • アーティスト: 阿部真央
  • 出版社/メーカー: ポニーキャニオン
  • 発売日: 2010/01/27
  • メディア: CD


で、わたくしはその真央ちゃんにインタビューするなど、
年末の仕事をどんどこやっております。


しかし今年はデフレな年でしたな。
こないだなんか、お店の閉店バーゲンで買ったあと、
その後の食事はクーポンで安くしてもらったり
そもそもCD買うにもいかに安くできるか考えてたりで、
自分の行動だけ考えても、そりゃデフレになるわ!と。

今年ご活躍だった優木まおみが人気あるのも、
デフレ時代の象徴だという気が、ものすごくします。
いや、僕も好きなんですけどね、彼女は。

優木まおみ 純潔キネマ [DVD]

優木まおみ 純潔キネマ [DVD]

  • 出版社/メーカー: リバプール
  • メディア: DVD


で、呑みの席でもあればそんな与太話でもするんですが、
それどころか例によって原稿とライヴに追われてまして、
またもアルコールゼロ、宴会ゼロの12月を過ごしてます。
自慢にもなりませんが。


では前回に続き、ミッシェルです。

今日から上映される映画
『THE MOVIE -031011-』を観てて、
いろんなことを思い出しました。



続きを読む...
Posted by 青木 優 at 03:07 | この記事のURL | | コメント(485)
ミッシェル・ガン・エレファントE / 映画『THEE MOVIE』――解散から6年。ホノの発病から6年。  2009年12月14日(Mon)

寒くなってきましたよ。
昨日は近所の戸建物件の内覧会で
キティちゃん風船をもらったり
(ま、家自体にはそんなに興味ないです/笑)、
吉祥寺に出かけて買い物したり、でした。

僕はその後、夕方からライヴに。
何だかんだで今月も現時点で7本観に行ってますわ。
面白いライヴが多くて、とても幸せなことですが、
たくさん観ると、内容はすごく良かったのに
つい一昨日観たのが何か、
すぐ思い出せなかったりします。
でも光景とか雰囲気は、だいたいどのライヴでも
少しは覚えてるもんですよ。
大昔に観たのも、3年前のどこかのものもね。


ところで世界の赤ちゃんを追った映画が
公開されるそうです。


<BABIES - Official Trailer[HD]>



モンゴル、東京、ナミビア(アフリカ)、サンフランシスコと
世界4ヵ所の家庭で、<生まれてから初めの一歩まで>の
1年間にわたって赤ちゃんを追いかけたドキュメントだそう。
かわいーっす。

このバックに流れてる美しくもポップな曲は
スフィアン・スティーヴンス!
『ジ・アヴァランチ』の収録曲です。


<The Perpetual Self,
 or “What Would Saul Alinsky Do?”>


ジ・アヴァランチ

ジ・アヴァランチ

  • アーティスト: スフィアン・スティーヴンス
  • 出版社/メーカー: Pヴァインレコード
  • 発売日: 2006/09/22
  • メディア: CD


そういうとこまでいいセンスしてるわ、この映画。


<2回目の投稿です>さん
2回目のコメントをどうもありがとうございます。
あなたのような方のためにも、頑張ります。


えーと、まだジョン・レノンの途中なんですが、
今回と次回は
ミッシェル・ガン・エレファントについて書きます。


このバンドについては、コソロックでは3年前に
@、ABCDと書きました。

その際にも断りましたが、
このコソロックでは彼らのことを書くのに、
バンドのメンバーの誰それに子どもがいてこんな話がある
……ということを書いてるわけではありません。
ミッシェルについては、
あくまで僕個人の育児の話ですので、
そこは勘違いされないようお願いします。


そのミッシェルを見直す動きが今あります。


<ミッシェル・ガン・エレファント 期間限定サイト>


彼らの関連のリリースおよび映像イベントが
今後たくさん予定されているんですね。


まず12月15日からは
<THEE SCENE -LAST HEAVEN 031011->と題された
2003年の幕張メッセでの解散ライヴの映像を
ライヴハウスで上映する全国ツアーが開始。


続いて12月16日に出るのは
キャリアを網羅した2枚組ベストCD
『THEE GREATEST HITS』。
これは4枚組のアナログ盤も出ます。

THEE GREATEST HITS(初回限定盤)(DVD付)

THEE GREATEST HITS(初回限定盤)(DVD付)

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: ユニバーサル・シグマ
  • 発売日: 2009/12/16
  • メディア: CD



THEE GREATEST HITS

THEE GREATEST HITS

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: ユニバーサル・シグマ
  • 発売日: 2009/12/16
  • メディア: CD


12月19日からは幕張メッセでの解散ライヴを中心にした
映画『THEE MOVIE -LAST HEAVEN 031011-』が
上映開始。
これは先ほどの<THEE SCENE>とは内容が異なり、
プラスアルファの映像が多数加えられた映画です。
僕もこのことを最近になってちゃんと知ったもんで、
ビックリしました(笑)。


そして来年1月20日には、ライヴ映像を集めた
10枚組 のDVD BOX『THEE LIVE』が発売。

THEE LIVE (完全初回生産限定) [DVD]

THEE LIVE (完全初回生産限定) [DVD]

  • 出版社/メーカー: コロムビアミュージックエンタテインメント
  • メディア: DVD


ちなみにミッシェルの定冠詞がTHEEなのは、
UKのガレージ・バンド、ヘッドコーツの表記に
端を発しています。

ベスト

ベスト

  • アーティスト: ヘッドコーツ
  • 出版社/メーカー: コロムビアミュージックエンタテインメント
  • 発売日: 1997/11/01
  • メディア: CD



ベスト II

ベスト II

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: コロムビアミュージックエンタテインメント
  • 発売日: 1998/08/21
  • メディア: CD


僕は、かなり以前からこのバンドのことを知ってたけど
(ガレージが好きな友達がいたので)、
ミッシェルを知った時、
まさかそれを名前にするバンドが出てくるとは、
と思ったものでした。
ヘッドコーツの来日ライヴも
まだ西新宿にあった頃のロフトに観に行きましたね。


で、こうして今ミッシェルをたどり直す流れができたのは、
やはり今年、ギタリストだったアベフトシくんが
亡くなったことが大きいです。
12月16日は、アベくんの誕生日で、
彼は生きていればこの日、43歳になっていたんですね。

続きを読む...
Posted by 青木 優 at 05:52 | この記事のURL | | コメント(242)
ミッシェル・ガン・エレファントD / ミッシェルの終わり、過酷な日々の始まり  2006年11月20日(Mon)

寒くなってきたねー。
昨日のホノは機嫌が良くて助かった。
毎日それでひとつ。
でも子どもって、やっぱ<風の子>なのかな?
ホノは手足が超冷たいのに、元気ブリブリです。
自分もガキの頃、
手や足が冷えてても全然平気だったもん。
なのに大人になると寒さに弱くなるものですな。
ぶるぶる。


えーと、当コラム、次回からは
セルジュ&シャルロット・ゲンズブールについて書く予定。
ミッシェル編は今日でおしまいです。


2003年の10月上旬のこと、
ホノは名古屋の総合病院に入ることになった。
出産から1ヵ月あまりでもう5回目の名古屋入りをした僕は、
駅に迎えに来てくれたカミさんの親に連れられて、
ホノとカミさんのいる病院に向かった。

続きを読む...
Posted by 青木 優 at 09:49 | この記事のURL | | コメント(614)
ミッシェル・ガン・エレファントC / クライマックスを迎えるツアー、発病したホノ  2006年11月17日(Fri)

こないだはリリー・アレンとThe Birthdayを観て、
昨夜はオアシスの映画とノエル兄の歌を聴いて。

オーライ・スティル

オーライ・スティル

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: EMIミュージック・ジャパン
  • 発売日: 2006/10/04
  • メディア: CD



ストップ・ザ・クロックス

ストップ・ザ・クロックス

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: ソニー・ミュージックジャパンインターナショナル
  • 発売日: 2006/11/15
  • メディア: CD


その間に取材と原稿書き、
あと部屋の整理に追われてます。

いや、もっと追われたいんだけど。
ホノの機嫌が悪くて……
泣きすぎで、うるさすぎで。
話にならん!
面白いぐらいに仕事が進みません。
予定ズレまくり。
きっと成長期だからかな。
いろんなことしゃべるし、わがままになった。
だけど、こりゃあねー。
疲れるわ。
娘よ。
頼むから、少し静かにしててくれ!
と書いても伝わらないですよね。
こっちが泣きそう。

まあこれはあまりリアルに書くと
読んでる人にひかれてしまうぐらい、過酷な空気なんです。
カミさんはイライラを通り越して、毎日ウルウルしています。


こういうのは子どもによって個人差が大きいので、
育児経験があっても
「何がそんなに大変なの?」と思う人も
いらっしゃると思います。
うちの親戚には、
寝起きでも眠くてもお腹空いてもまったく泣かなくて、
育てやすいって子がいますし。
そんな子だったら、どんなに労力がかからないだろう……
と思うこと、しばしば。
でも子どもは、人間は、ほんとにそれぞれだからね。
それが個性とも言うのだろうし。

あーあ。
俺もたまには泣きごと言います。
許してください。


でもホノが泣きすぎるのは、病状の一環じゃないですよ。
先月の検診で、
状態はずっと安定してるって言ってもらえたから。
あの頃のことを思うと……
今のこの苦しみなんて、どうってことない。


名古屋で産後を過ごしているカミさんから
「ホノの様子がおかしい」という電話を受けたのは、
2003年の9月下旬のこと。
ミッシェルの解散ツアーも大詰めの頃だった。

続きを読む...
Posted by 青木 優 at 09:13 | この記事のURL | | コメント(300)
ミッシェル・ガン・エレファントB / 最期のライヴ・ラッシュと生まれたてのホノに会う旅  2006年11月14日(Tue)

東京に戻ってきました。
うー。
今度の帰省中のホノは、ほんとよう泣いた!
本人も泣きすぎで声がかれてしまったぐらいです。

帰りも飛行機内やら電車内やらで大変でした。
乗り合わせたほかの乗客のみなさんには
申し訳なかった……。
だけどガマンしていただき、ありがとうございました。
親の立場って、いろいろツラいことがあるね。
負けずに頑張るわ。
これが経験できるありがたみも感じつつ。


そうそう。
THE FooTNiKで次のDJをやる時が
11月28日(火)の22時15分からに決まりました。
青木は、今月から毎週火曜日にレギュラー化した
FOOTSOUNDSというDJイベントで回します。


さてさて。
3年前、ホノが産まれたあとの話ですね。

ミッシェルの解散発表日にこの世に生を受けたホノ。
その喜びの一方で、カミさんは大変でした。

続きを読む...
Posted by 青木 優 at 08:41 | この記事のURL | | コメント(467)
- 1 2 >>






最近書いた記事
     カテゴリー
青木 優 E-mail
コメント ☆ お気軽にひとつ
QRコード
青木 優のブログをモバイルでアクセス



×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。