♪ジャーナリスト/ライター 青木 優のブログ・コラムです!                                                  ただいま10才の娘の子育てに参加しながら働く父親です。                                                ここでは、古今洋邦のミュージシャンたちの育児観・子ども観について語りまくっております♪                         通称「コソロック」!!  リンクフリーですので、よろしくっ☆                                               ◆   ◆   ◆   ◆   ◆   ◆   ◆   ◆   Twitterでは you_aoki


にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ
人気ブログランキングへ

累計: 検索エンジン登録
本日: SEO対策
昨日: メール配信

アクセスアップ
RSS1.0 RSS2.0
<< 2015年09月>>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
青木 優 プロフィール

★<あおき・ゆう> 1966年、島根県雲南市(旧・大原郡)生まれ。

★1994年より音楽ライター/ジャーナリストの仕事につく。
 洋邦のロックを中心に、インタビューやレビュー、ライヴ・レポの執筆といった仕事はもちろん、音楽シーンの考察、対談および座談会の司会役もこなす。
 たまにラジオに、ごくたまにテレビにも出演。
 DJもやりますよ。

★現在の主な執筆誌は「テレビブロス」「音楽と人」「WHAT’S IN?」「MARQUEE」「東京カレンダー」「オリジナルコンフィデンス」などなど。webでもちょこちょこ仕事してます。

★東京都文京区にて、カミさん(妻)、そして2003年秋に生まれた長女ホノと3人暮らし。

★そしてそして06年夏、かねてからアイディアをあたためてきたこのブログ・コラム「子育てロック」をスタートさせることができました。
 07年4月には親子でNHK総合テレビの番組『パパサウルス』に出演。そのほか、当<コソロック>への反響、じわじわといただいておりまする♪
 みなさん、ありがとうございます! どんどこ書きますので、どんどこ読んで、どんどこツッコんでやってください!

★Twitterは → you_aoki
 トラックバック ☆ どうぞ
リンク☆相互リンク募集〜
これまでの記事
尾崎豊B / 無邪気さと貪欲さ、それが子ども  2007年05月02日(Wed)

はいー。
ARABAKIから帰還し、平常生活に戻っております。

ARABAKI二日目(29日)はウルフルズがトリを飾りました。
ほかにも名演続出でござったよ!
会場は初日以上に混んでたけど、
張り切って遊んでる子どもたちもいたな〜。
前回分の中に、そういう子らの写真も
追加でアップしておきましたので!

そんな二日間(仙台入りした夜の深酒を入れて3日?)の
行程のあと!
青木は30日(月)は、フルキャストスタジアム宮城に行き、
楽天−日本ハム戦を観ましたよ。
実はわが家はみんな阪神タイガースファンなのですが、
僕は野球そのものが好きなので。
なので、日ハムの先発が金澤だと知りア然(勝ちやんの)。
両球団とも阪神にいた選手が多いんだよね。
試合はエラー&暴投続出のさすが最下位争いな内容で、
4時間21分もかかり、充分満喫しましたわ。

実は一昨年もARABAKI帰りに
ここで楽天戦を観たのですが、
その頃は球団発足当初で、すべてがまだまだでした。
でも今や球場の熱気も、あと施設も立派になったねー。
とくに家族連れ、子ども客へのサービスはなかなかですよ。
お金よりもアイディアを凝らしてるのが好感持てます。

んで、帰京後の昨日は北野武監督の新作映画の試写やら
トーキョー・ポリス・クラブのライヴやら
THE FooTNiKに顔を出したりと、すっかり東京生活。

とにかくこの10日間ぐらいは
「テレビ観ましたよ!」と言ってくれる人が多いのですが、
それと別に、ひさびさに顔を合わせる人も多いし、
はたまた初対面でも「青木さんの文章はいつも」とか
「お名前は存じております!」とか
言われることばかりでした。
人と会うっていいですな。
と、つい先日までひきこもっていた身は思いまする。


<京>さん、コーチェラに行ったんですね。いいなー。
日本はフェス、多いですね。乱立ってぐらいに。
ボナルーとかレディングとかでは
キッズエリアはどうなんでしょう?


<キョコ>さんもありがとうございます。
僕が書いていることがみなさんの音楽観、価値観の参考に
少しでもなれば、幸いに思います。


その尾崎の3回目です。
尾崎の回を書くにあたり、いろいろ調べてたら
ひとつ気づいたことがあった。

続きを読む...
Posted by 青木 優 at 15:46 | この記事のURL | | コメント(1)
コメント
33歳の私は尾崎世代より少し下でしょうか?若い頃の私にとって尾崎は…やはり遠い存在でしたね。「尾崎を聴かない」ということで何かをキドる…そう、それは真心が「拝啓ジョンレノン」の中で歌っていたような…感情もどこかであったのかもしれませんね〜。あとファンの人の思い入れが強そうで、(背負わされてる?)尾崎は大変そうだなあ、ひいてしまった部分もあるかなあと。どっちにしろ、ちゃんと音を聴かないでアーティストを判断してはいけませんよね。
彼の「若い」唄たちが20代に多く作られていたことに驚いてます。彼は何を追い求め続けていたのでしょうかね。

子供の性格はもって生まれたもんなのでしょうか?親からは多少受け継ぐ?あう、気になるっす。今1歳7ヶ月の息子もいよいよ「我」がでてきて、いろいろすごいです(笑)。何か問題があると「こういうとこは私に似てるかも…」と無駄に落ち込みます(笑)。

ARABAKI、楽しそうでいいなあ。いよいよフェスシーズンの始まりですね。わくわく。
Posted by つくし at 2007年05月02日 22:25

コメントを書く
お名前:
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント:
認証コード:

※画像の中の文字を半角で入力してください。






最近書いた記事
     カテゴリー
青木 優 E-mail
コメント ☆ お気軽にひとつ
QRコード
青木 優のブログをモバイルでアクセス