♪ジャーナリスト/ライター 青木 優のブログ・コラムです!                                                  ただいま10才の娘の子育てに参加しながら働く父親です。                                                ここでは、古今洋邦のミュージシャンたちの育児観・子ども観について語りまくっております♪                         通称「コソロック」!!  リンクフリーですので、よろしくっ☆                                               ◆   ◆   ◆   ◆   ◆   ◆   ◆   ◆   Twitterでは you_aoki


にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ
人気ブログランキングへ

累計: 検索エンジン登録
本日: SEO対策
昨日: メール配信

アクセスアップ
RSS1.0 RSS2.0
<< 2010年08月>>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
青木 優 プロフィール

★<あおき・ゆう> 1966年、島根県雲南市(旧・大原郡)生まれ。

★1994年より音楽ライター/ジャーナリストの仕事につく。
 洋邦のロックを中心に、インタビューやレビュー、ライヴ・レポの執筆といった仕事はもちろん、音楽シーンの考察、対談および座談会の司会役もこなす。
 たまにラジオに、ごくたまにテレビにも出演。
 DJもやりますよ。

★現在の主な執筆誌は「テレビブロス」「音楽と人」「WHAT’S IN?」「MARQUEE」「東京カレンダー」「オリジナルコンフィデンス」などなど。webでもちょこちょこ仕事してます。

★東京都文京区にて、カミさん(妻)、そして2003年秋に生まれた長女ホノと3人暮らし。

★そしてそして06年夏、かねてからアイディアをあたためてきたこのブログ・コラム「子育てロック」をスタートさせることができました。
 07年4月には親子でNHK総合テレビの番組『パパサウルス』に出演。そのほか、当<コソロック>への反響、じわじわといただいておりまする♪
 みなさん、ありがとうございます! どんどこ書きますので、どんどこ読んで、どんどこツッコんでやってください!

★Twitterは → you_aoki
 トラックバック ☆ どうぞ
リンク☆相互リンク募集〜
これまでの記事
<< 1 2 -
FUJI ROCK’10A / パンダと再会!ホノが人生で一番長く歩いた2日間  2010年08月04日(Wed)

はい、フジロックからはとっくに帰ってきて、
もはや日常に戻ってます。
で、今回書くのはそのフジロックのAなんですが

……その前に。


そのフジロックから帰った日――土曜日の夜、
悲しいニュースがありました。
大阪のマンションで2人の幼児が亡くなった事件です。
悲しい報道は毎日たくさんありますが、
今回のこの事件には、ことさら考えさせられました。

単純に捉えれば、ネグレクト(育児放棄)だ、
ホストに走って現実から逃げて子どもを殺してしまうなんて
ひどい母親だ、という話になってしまいます。
実際にそういう論調の報道もたくさん見聞きしました。

しかし僕は、実際のところのこの事件には、
もっとたくさんの事柄が絡み合っていると考えます。


子どもを産み、育てること。
その生むこと、育てていくことに対する責任、義務。
結婚、あるいは離婚してからの生活のこと。
シングルマザー(あるいはシングルファザー)としての
生活のための手段。
それを支援する社会の態勢、仕組み。
離婚したあとの家族、元配偶者との関係。


仮に僕が、幼い子2人を育てながら
仕事をしなければならない状況だったら、どうしたか。
まったく想像できないし、
やれる自信があるなんて言えません。
追いつめられて当然だと思います。

このことをぼんやり考えているうちに、
思考を巡らせてくれるいくつかのブログに当たりました。

コソロックの読者のみなさんにも、
どうかご一読いただきたいです。
(青字はその中から僕が部分的に抜き出したものです。
できれば元の文章すべてに
目を通していただければと思います)


<「Chikirinの日記」 2010年8月1日のエントリ
 誰が何をネグレクト?>



「育てられないのに産むなんて無責任」という人は、
20代で結婚&出産をしちゃダメだと言ってるの?

“離婚する可能性”は誰にでもあるでしょ。
“離婚しても自活できる経済力を付けてから
子供産め”ってこと?
それが責任ある態度だというの?
それいったい何歳くらいのこと?
40歳くらい??
何歳まで働いたら
“離婚しても子供2人養える経済力”なんてつくの?

少子化対策ってのは、
できるだけ早めにたくさん子供産みましょうね、
っていう政策なんじゃないの?
そのために特命大臣まで任命したりしてんじゃないの?




<「Lily’sDiary」 2010年8月2日のエントリ
 大阪の事件について>



世の中は、
母親に対してひどく厳しい。
なぜなら、
子供を育てるということは、
それほどまでに責任重大な、
なによりも重要な任務だから。

でもさ、
だったらさ、
だからこそ、さ、

母親だけに、
そんな大きな任務を、
まかせっきりにするのはおかしいよ。




僕もこの事件は、どうしても母親に同情的になります。
というのは、それだけ育児には
過酷な瞬間というのがたくさんあるから。

うちの夫婦も、それは、さんざん経験してきました。

あらためて書きますと、うちのホノは
出生直後の病気のために発達が遅れており、
それに伴ってのもろもろの負担があまりに大きく、
僕もカミさんもたくさん泣いて、たくさん怒って、
たくさん困り果てながら、ここまで来ています。
健常児だったら、どんなに楽だったろう。
どんなに幸せの幅が大きくなっただろう。
この7年弱の間、
そんなことを何百回、何千回思ったことか。

しかもホノは遅れているだけでなく、寝つきが悪いし、
よく泣くし、こっちの言うことは理解できないしで、
ほとほと疲れるようなことが多いのです。
寝つきに関しては今、だいぶ良くなりましたが。

そんな毎日が続くと、魔が差しそうな、
自分たちが危うくなりそうな瞬間だってあります。

その怖さについては、このコソロックでも過去に
スザンヌ・ヴェガの回で書きました。
そう、子どもを虐待しそうになる恐ろしさについてです。

そして、こういうギリギリの精神状態で生きている親は
世に知られていないだけで、相当数いるはずです。

とくにシングルの親だとか、
病気のために手がかかる子の親は、そうだと思います。

せめてマスコミには、そこで
「子どもに手をかけるなんてひどい母親だ」的な論調で
終わらせるばかりでなく
(この背景には、報道する側の多くが
現代社会の家庭の現状を
把握できていないからではと思います)
もっと突っ込んだ解析をして、
少しでもいい社会になるような物の見方を
してほしいものですが……。


それから、次のブログにも深く考えさせられました。


<「たけくまメモ」 2010年8月3日のエントリ
 幼児育児放棄致死事件と今野雄二の自殺>



こちらを書かれている編集者の竹熊健太郎さんのことは、
僕も一方的に存じ上げていました。
それがここでは、先の事件と、
それから今野雄二さんの自殺のこととが
一緒に書かれています。

べつにこの2つの件に関しては、
関係があって書かれているわけではないです。
ただ、両方とも僕には気になる件であり、
しかも「家庭」「生き方」という点で
微妙に関わることもあって、
たいへん興味深く読ませていただきました。

ただし、この竹熊さんの書かれている
社会問題以前に親にも問題がある>というのは、
もっともな部分もあると思いますが、
僕個人は、
もはや親だけでは終わらない問題ではないかと
思うところもあります。
もし親個人個人に問題があるとして、
では、そうした親が
なぜこれだけたくさんいるのか、ということ。
それは、ひいては社会の問題だと思うのです。

竹熊さんはご自身のツイートもここに書かれていますが、
そこでは「なぜ生んだのか」ということも指摘されています。
さらに<自分が子どもを作っていないのは、
正直生活が不安定な自由業の身で、
万一のことを考えたら
とても育て切れないと感じたからです

と書かれています。

ここを読んで僕は、
「え、俺も自由業だけど、
その身分で子ども作って、頑張って育ててるけど、
それってそんなにヤバいことだった?」と思った次第です。
まあ世間的に見れば、そうなんでしょうけどね。

そしてこの部分が、
今野雄二さんのことと関係するんですね。
同じく竹熊さんのツイート、
自由業者で独身を貫くと、
いつかは「老いと孤独」という大問題にぶつかる。
いや誰でも老いるし、老人はおしなべて孤独だが、
そこに「自由業」と「独身」が加わるとかなり強力。
俺には他人事ではなく、今から準備…
いや覚悟しておく必要がある。



ここの竹熊さんの腹のくくりっぷりに感動しました。
それもあって、ここで紹介したかったのです。

でも自由業者もいろいろだからな〜。
会社員でも<子ども生んで育てるなんて
とてもムリ!>っていう収入状況の家庭も
たくさんあるだろうし。
また、単純に収入だけの問題でもないし。


とまあ、いろいろな、悲しいこと、しんどいことを
ここ数日は考えていました。


で、今野雄二さんのことも頭をよぎってるんですが……
自殺されたのが、ロキシー・ミュージック、
ブライアン・フェリーが(フジロックで)
来日している時期とかぶっていたこと。
それと、去年の加藤和彦さんのことも
関係してるんじゃないか、とか。
憶測の域を出ませんが……。

僕は決して今野さんのファンなどではなかったですが、
たくさんの知らない、刺激的な音楽や文化を
提示してくださった方だったことは間違いありません。
つつしんでご冥福をお祈りいたします。

そして子どものこと、育てていくこと、
そこでの親の存在について、
みなさんもどうか考えてみてください。


では、そろそろいつものコソロックに……(長かった〜)。


えっと、SEIKOさん、コメントありがとうございます。
なんと、3年前のインストアを観てくださってたんですね!
ありがとうございました。
ホノもあれから大きくなってます。


さーて、フジロックの2回目です!

7月29日木曜日、前夜祭の日に
越後湯沢の駅に降り立ったわが一家3人。

駅では<雪おろし太鼓>が歓迎してくれました。
子どもたちが頑張ってましたな〜。
おかげで早々とフェス気分。



しかし雨、雨、雨……で、夜の祭りになっても雨。



とはいえ、去年みたいに風がひどくなかったので、
まだ救われました。


ホノは、もち豚の串と丼、それにロコモコ丼も食べて、
とても機嫌良くって。
宿まで帰る道中には歌を唄いまくり。
それも童謡やアニソン、小学校の校歌、
さらにクリスマスソングまで……(恥)
さすがにクリスマスの歌はおかしかったようで、
同宿の人たちにやたらとウケてました。
まあ笑ってもらえたなら、いいか〜(笑)。


そして迎えたフェス初日!
この日の朝はなんとか晴れたんですね。

続きを読む...
Posted by 青木 優 at 05:05 | この記事のURL | | コメント(448)
<< 1 2 -






最近書いた記事
     カテゴリー
青木 優 E-mail
コメント ☆ お気軽にひとつ
QRコード
青木 優のブログをモバイルでアクセス