♪ジャーナリスト/ライター 青木 優のブログ・コラムです!                                                  ただいま10才の娘の子育てに参加しながら働く父親です。                                                ここでは、古今洋邦のミュージシャンたちの育児観・子ども観について語りまくっております♪                         通称「コソロック」!!  リンクフリーですので、よろしくっ☆                                               ◆   ◆   ◆   ◆   ◆   ◆   ◆   ◆   Twitterでは you_aoki


にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ
人気ブログランキングへ

累計: 検索エンジン登録
本日: SEO対策
昨日: メール配信

アクセスアップ
RSS1.0 RSS2.0
<< 2009年10月>>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
青木 優 プロフィール

★<あおき・ゆう> 1966年、島根県雲南市(旧・大原郡)生まれ。

★1994年より音楽ライター/ジャーナリストの仕事につく。
 洋邦のロックを中心に、インタビューやレビュー、ライヴ・レポの執筆といった仕事はもちろん、音楽シーンの考察、対談および座談会の司会役もこなす。
 たまにラジオに、ごくたまにテレビにも出演。
 DJもやりますよ。

★現在の主な執筆誌は「テレビブロス」「音楽と人」「WHAT’S IN?」「MARQUEE」「東京カレンダー」「オリジナルコンフィデンス」などなど。webでもちょこちょこ仕事してます。

★東京都文京区にて、カミさん(妻)、そして2003年秋に生まれた長女ホノと3人暮らし。

★そしてそして06年夏、かねてからアイディアをあたためてきたこのブログ・コラム「子育てロック」をスタートさせることができました。
 07年4月には親子でNHK総合テレビの番組『パパサウルス』に出演。そのほか、当<コソロック>への反響、じわじわといただいておりまする♪
 みなさん、ありがとうございます! どんどこ書きますので、どんどこ読んで、どんどこツッコんでやってください!

★Twitterは → you_aoki
 トラックバック ☆ どうぞ
リンク☆相互リンク募集〜
これまでの記事
<< 1 2 -
ジョン・レノンD / 流産した胎児の心音をレコードに  2009年10月05日(Mon)

『金スマ』の吉川晃司の無人島は面白かったねえ。
ふだんテレビはニュースぐらいしか観ないんですけど、
つい見入ってしまいました。
そばにいたホノは退屈そうでしたが。

しかし中秋の名月っぷりを発揮したキレイなお月様には
ホノも大喜びでした。
夜空に見つけて、うれしそうにしてましたわ。
休日に天気いいのは助かりますね。

と思ったら今日は一転、雨模様。
朝も昼も僕がチャリで送迎したんですが、
いやー、雨の通園は大変すわ。
天気悪いと、行って帰ってで40分ぐらいになるし。
近所の保育園で受け入れてもらえるところがなかったんで
こうなってるんですが、この生活ももう1年半か……。
あと半年!
さて、どうなるやら。


と思って帰宅したら、バランスボールが届いてた。
ホノ、使ってみよう!

ALINCO(アルインコ) エクササイズボール(30cm) EXG024

ALINCO(アルインコ) エクササイズボール(30cm) EXG024

  • 出版社/メーカー: ALINCO(アルインコ)
  • メディア: スポーツ用品


ではジョン・レノンです。
1968年、シンシアと離婚をしてからのジョンは
激動の時期に突入していきます。

続きを読む...
Posted by 青木 優 at 18:11 | この記事のURL | | コメント(344)
ジョン・レノンC / 離婚に向かっていく家庭  2009年10月01日(Thu)

秋すね。
うちはまだ小学校の説明会に行ったりしてます。
去年からこっち、何校、何回行ったかなー。
カミさんは僕以上に行ってますけど。
まあしかし、小学校の頃のことを懐かしく思うことあり、
いろいろ思い出すことあり、
さらに新しさに驚くこともあり。
某私立校などは、教室ごとに
学習用のモニター画面が設置してあって、
そこに静止画面を映す際にiPodを使ってました。
昔だったらスライドですよね。
オーバーヘッド・プロジェクターでしたよ。

しかしホノも「小学校行く!」とか言ってるんですが、
こっちもずっと考えてるわりに、
どーもピンと来ないですねー。
今の身体の大きさでは
ランドセルのほうに背負われてしまうわい。
同じく背負われそうなリュックは
頑張って背負ってますけど。


ところで夫婦別姓が法令化するかもしれないんですね。


<夫婦別姓導入へ……政府、来年度にも民法改正案
 YOMIURI ONLINE 2009年9月27日>



政府は、夫婦が別々の姓を名乗ることを認める
選択的夫婦別姓を導入する方針を固めた。
早ければ来年の通常国会に、
夫婦同姓を定めている民法の改正案を提出する方向で
調整を進める。
現行の夫婦同姓は1947年に民法に明記され、
約60年ぶりの大幅改正となる。
(中略)
夫婦別姓の導入は、政権交代により、
衆院選の政策集に
「選択的夫婦別姓の早期実現」を明記した
民主党を中心とした政権が誕生したことによるものだ。
民主党は、1998年に民法改正案を
共産、社民両党などと共同で国会に提出したが、
自民党が「家族の一体感を損ない、
家族崩壊につながる恐れがある」などと
強く反対して廃案となった。
その後も、毎年のように共同提出してきたが
廃案となってきた。
(中略)
民主党などの民法改正案は、
〈1〉結婚時に夫婦が同姓か別姓かを選択できる
〈2〉結婚できる年齢を男女とも18歳にそろえる
――ことが柱で、おおむね法制審答申に沿った内容だ。
(後略)



僕は選択肢が広がるのはいいことだと思うんですが、
それよりも引っかかったのは、
今の夫婦同姓が62年前に制定されたものってこと。
案外と最近の話なんですね。
つまりそれ以前は別姓でもとがめられなかったのかな?
いずれにしてもこれは
明治時代の民法で定められた
「家制度」の名残なんでしょう。
どうも苦手だな、こういうの。

しかし自民党が反対してた理由の
家族の一体感がどうこうってのは……
大きなお世話じゃん!
そんなの家族によって違うものでしょう。

で、その一方で、このアイディアでもうひとつ注目は
結婚できる年齢が男女とも18歳以上になること。
これはどういう関連があるのか、気になりますね。


さて、ニュースでいえば、もうひとつ。
こないだのジョン・レノンAで書いた
「ルーシー・イン・ザ・スカイ・ウィズ・ダイアモンズ」と
非常に関係の深いものが!


<ビートルズの名曲名になったルーシーさんが死去、46歳
 CNN.co.jp 2009年9月29日の記事>



ビートルズの名曲
「ルーシー・イン・ザ・スカイ・ウィズ・ダイヤモンズ」の
きっかけになった英国人女性のルーシー・ヴォデンさんが、
自己免疫疾患のため亡くなった。
46歳。
(中略)
しかし、曲名にある単語の頭文字をつなげると、
幻覚剤「LSD」となることから、
英BBCなどが放送を禁止。
ヴォデンさんも若いころ、
この曲に歌われているルーシーが
自分のことだと周囲に説明しても、
信用してもらえなかったと話していた。

ジョン・レノンの離婚をきっかけに、
ジュリアンさんが1968年に引っ越したことから、
ヴォデンさんとは交流がなかった。
しかし、近年になってヴォデンさんが自己免疫疾患の
「全身性エリテマトーデス」にかかっていることを知り、
連絡を取り合って励ましていたという。



あらまー。
つまり、ジュリアンの同級生なんですよね。
たまたまこの曲のことを書いたばかりだったので、
ちょっと驚きましたわ。
ルーシーさんのご冥福をお祈りします。


さて、このニュースの中にもあった
ジョン・レノンの離婚なんですが……。
今回はそのへんからのお話。

続きを読む...
Posted by 青木 優 at 14:00 | この記事のURL | | コメント(95)
<< 1 2 -






最近書いた記事
     カテゴリー
青木 優 E-mail
コメント ☆ お気軽にひとつ
QRコード
青木 優のブログをモバイルでアクセス