♪ジャーナリスト/ライター 青木 優のブログ・コラムです!                                                  ただいま10才の娘の子育てに参加しながら働く父親です。                                                ここでは、古今洋邦のミュージシャンたちの育児観・子ども観について語りまくっております♪                         通称「コソロック」!!  リンクフリーですので、よろしくっ☆                                               ◆   ◆   ◆   ◆   ◆   ◆   ◆   ◆   Twitterでは you_aoki


にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ
人気ブログランキングへ

累計: 検索エンジン登録
本日: SEO対策
昨日: メール配信

アクセスアップ
RSS1.0 RSS2.0
<< 2009年05月>>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
青木 優 プロフィール

★<あおき・ゆう> 1966年、島根県雲南市(旧・大原郡)生まれ。

★1994年より音楽ライター/ジャーナリストの仕事につく。
 洋邦のロックを中心に、インタビューやレビュー、ライヴ・レポの執筆といった仕事はもちろん、音楽シーンの考察、対談および座談会の司会役もこなす。
 たまにラジオに、ごくたまにテレビにも出演。
 DJもやりますよ。

★現在の主な執筆誌は「テレビブロス」「音楽と人」「WHAT’S IN?」「MARQUEE」「東京カレンダー」「オリジナルコンフィデンス」などなど。webでもちょこちょこ仕事してます。

★東京都文京区にて、カミさん(妻)、そして2003年秋に生まれた長女ホノと3人暮らし。

★そしてそして06年夏、かねてからアイディアをあたためてきたこのブログ・コラム「子育てロック」をスタートさせることができました。
 07年4月には親子でNHK総合テレビの番組『パパサウルス』に出演。そのほか、当<コソロック>への反響、じわじわといただいておりまする♪
 みなさん、ありがとうございます! どんどこ書きますので、どんどこ読んで、どんどこツッコんでやってください!

★Twitterは → you_aoki
 トラックバック ☆ どうぞ
リンク☆相互リンク募集〜
これまでの記事
- 1 2 >>
イアン・カーティスC / 娘の初めての誕生日に帰宅せず  2009年05月29日(Fri)

グリーン・デイの姿を! 昨日某所でちょっと見れたけど、
世界的なバンドだというのに気取ってないのが
なんか良かったなあ。
今夜、Mステに出るそうです。
新作もすごいですね。

21世紀のブレイクダウン

21世紀のブレイクダウン

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: ワーナーミュージック・ジャパン
  • 発売日: 2009/05/15
  • メディア: CD


ザ・フーとかクラッシュまで連想しましたわ。
その貪欲な創作姿勢に!
彼らがまさかこんな領域にまで来るとはなー。
96年に晴海に観に行ったことを思い出した。
その時の前座はハイスタでした。
あの頃から今でも好きだってファン、どのぐらいいるかな。


さて、今日のお昼には
<でかっ!チキンラーメンカップ>を食べました。
120gで、お腹いっぱいになったっす。

日清 チキンラーメンどんぶりタイプ 85g (6入り)

日清 チキンラーメンどんぶりタイプ 85g (6入り)

  • 出版社/メーカー:
  • メディア: 食品&飲料


そうか、普通サイズの1.5倍なんすね。

晩ご飯は、カレーライスとのこと。
楽しみ♪


さて、ずーっと締め切り海峡を横断している毎日なのだな。
横断できてないけどな……長い海峡だこと。

そんで、毎日が同じようなパターンですわ。

朝、起床 → 朝食 → ホノを保育園に送り → 帰宅
 → 原稿書き → 昼食 → 原稿
( → 日によって外出、取材・打合せ → 帰宅、原稿)
( → 日によって保育園に迎え → 帰宅、原稿)
( → 日によって外出、ライヴ → 帰宅)
 → 夕食 → ホノの療育 → ホノと入浴
 → ホノと一緒に就寝(仮眠) → 深夜に起床、原稿
 → 未明、就寝

来る日も来る日も、こんなんです。
アルコール摂取量はゼロ。
あと今月はご近所のゴミ当番もやってました。

ホノはまた最近ことさら、朝起きてから、よう泣きます。
毎朝毎朝よくあんだけ機嫌が悪いもんです。
でもチャリで送ってく途中にだいたい回復して、
そこではたいがい何かを唄ってます。
家でも、頼んでもないのに、ものすげー唄ってます。
だいたい童謡とか子どもの歌ですかねえ。
「さんぽ」とかね。

さんぽ

さんぽ

  • アーティスト: 井上あずみ,宮崎駿,中川季枝子,久石譲
  • 出版社/メーカー: 徳間ジャパンコミュニケーションズ
  • 発売日: 2000/04/26
  • メディア: CD



となりのトトロ

となりのトトロ

  • アーティスト: 井上あずみ,宮崎駿,中川李枝子,久石譲
  • 出版社/メーカー: 徳間ジャパンコミュニケーションズ
  • 発売日: 2004/10/27
  • メディア: CD


この曲は、子どもいなかったら、
そんな親しまれてる歌だってこと知らなかったなあ。


ではでは今回もイアン・カーティスです。
いよいよ大変な状態になっていった彼の私生活です。



続きを読む...
Posted by 青木 優 at 19:09 | この記事のURL | | コメント(59)
イアン・カーティスB / 崩壊ギリギリの家族  2009年05月26日(Tue)

そうそう、明日発売の『テレビブロス』、
忌野清志郎追悼の大特集号です。
僕もディスクレビューなど書かせてもらってますので
みなさん、ぜひ読んでください!


ところで、あのー。
マスクは?
みなさん、マスクはどないしはりましたーっ?
あんだけ店頭には置いてないっていうのに、
もはや誰もされてませんがな。
外歩いてても、20〜30人にひとりぐらい。
帰宅ラッシュの時間帯ですら。
どうなっとるん?
今こそ使う時じゃないの?
マスクはだいぶ値上がっているじゃないですか!

N95マスク(折りたたみ式) 1870

N95マスク(折りたたみ式) 1870

  • 出版社/メーカー: スリーエム ヘルスケア株式会社
  • メディア: ヘルスケア&ケア用品


乳首……じゃない、備蓄してるの?(すんません)
感染は小康状態とはいえ。

それにしても子どもの頃のマスクって、使い捨てじゃなくて
おかんに作ってもらったような記憶があります。

しかも今回はとくにガーゼを替えるよう指示が。
ガーゼとな?

FUCK HEADS

FUCK HEADS

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: XXX RECORDS
  • 発売日: 1997/10/20
  • メディア: CD



面を洗って出直して来い

面を洗って出直して来い

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: XXX RECORDS
  • 発売日: 1997/03/30
  • メディア: CD


はい、出直してきます……。
あ、このガーゼじゃない?


先週は防護服まで売れてると聞いたものですけど。

化学防護服4560 Lサイズ

化学防護服4560 Lサイズ

  • 出版社/メーカー: スリーエム ヘルスケア株式会社
  • メディア: ヘルスケア&ケア用品


しかも案外安いんですね。
ホノを保育園にチャリで送り迎えする時の雨の日用の
レインコートよりも安いがな!
こんな防護服でOK?
つか、インフルエンザって防護服でガードすんの?


マスクといえばダフト・パンク。

REAL ACTION HEROES daft punk Thomas Bangalter

REAL ACTION HEROES daft punk Thomas Bangalter

  • 出版社/メーカー: メディコム・トイ
  • メディア: おもちゃ&ホビー


あれ、これって以前も書いた気が……
あ、去年、炊飯ジャーのことを書いた回だ。


保育園も手洗いやうがいは励行してるけど、
先週のほうがずっと気を遣う雰囲気あったなあ。
もはや案外に緊張感なし。
でもまあホノにもしっかり手を洗わせてますが。

最近、僕は珍しくパーティーに出席したんですが、
その話を耳にしたホノ、「パーティー行く!」。
いやいや仕事関係だからダ〜メよ!と言っても
「お姉さんいる?」と質問。
去年のクリスマス・パーティーで会った
お姉さんシンガーを思い出してるみたい。

JUMP!

JUMP!

  • アーティスト: Harmony
  • 出版社/メーカー: インディーズ・メーカー
  • 発売日: 2008/11/22
  • メディア: CD


今回はいませんでした(当然ですが)。

「JUMP」といえば、キムタク主演ドラマのテーマ曲が
この期に及んでヴァン・ヘイレンの「ジャンプ」。
今さら感、強すぎね?

ジャンプ

ジャンプ

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: ダブリューイーエー・ジャパン
  • 発売日: 1996/12/21
  • メディア: CD


どうせ過去を掘り起こすのなら、
もうちょっと違うところを行ってほしい。
ベルセバとかウケると思うけどなあ。

わたしのなかの悪魔

わたしのなかの悪魔

  • アーティスト: ベル・アンド・セバスチャン
  • 出版社/メーカー: EMIミュージック・ジャパン
  • 発売日: 2000/05/31
  • メディア: CD


まあそういう感覚、期待できないよね、TV業界にゃ。


さて、イアン・カーティスの3回目です。

続きを読む...
Posted by 青木 優 at 14:42 | この記事のURL | | コメント(409)
イアン・カーティスA / てんかんの症状、ジョイ・ディヴィジョンのデビュー、そして娘の誕生  2009年05月21日(Thu)

ホノの鼻の下あたりに、できものがポツ、ポツ……。
何だろ? 虫刺され?
遊んでる時に、草か何かに負けた?
と毎日思ってたんだけど、
自分の携帯見て、あーっ!と思った。
たぶんこれだわ。



この前の日曜にドラッグストアに行った時、
目を離したスキに化粧品のコーナーで
口の上のあたりに塗ってたんだよね。
リップではなく、アイシャドーを(笑)。
それがおかしくて撮っといたんだけど、
そーか、それ以降だもんな、できものは。
しかしけっこうしつこくて、
今朝も保育園の先生に言われたぐらいだもんな。
早く治ってくれー。

父親であるわたくしは、また原稿書きの毎日ですが、
珍しく仕事関係の人が近くまで会いに来てくださって、
たびたびカッフェーで話したりです。
ちょっとしたトラブルでライヴに行きそびれたりも。

にしても今年は暑かったり涼しかったりが激しいなあ。
Tシャツで大丈夫かと思えば、長袖の上着が欲しかったり。
夜も、布団要らない日の次は毛布もかけたり。
もう初夏なんですねー。
今日は風が強かった。


コメントありがとうございます。

<新米ダディ>さん、おひさびさです!
って、もう新米ではないのでは?(笑)
清志郎をLoveJetsでしか見たことないって、
それもかなりレアかも、ですよ(笑)。
僕は一度だけ見ましたね、このバンド。
それも東京でのフジロック前夜祭みたいなのでした。

<のん>さんは、清志郎のお子さんについての指摘、
どうもありがとうございます!
いやー、実は自分でも時系列的に、
どうも年が合わなくて、こんがらがってたんですよ。
あれは息子さんでなく、娘さんだったんですね。
ものすごく腑に落ちました!
あれはやっぱMGズの時だったんですねー。
で、そうか、その時のライヴビデオがあるんですね。
それは観てませんでした。
感謝です!


では今回はイアン・カーティスの2回目です。
実はイアンって、
ジョイ・ディヴィジョンを始める以前に、
もう結婚してたんですよね。

続きを読む...
Posted by 青木 優 at 19:16 | この記事のURL | | コメント(362)
イアン・カーティス@ / 妻の妊娠を喜んで両親に報告したイアン  2009年05月18日(Mon)

娘は今朝も泣いたり何だりで機嫌が悪い中、
保育園に向け出発。
休み明けはとくにこうなんですが、
これもチャリをこぐ間に、たいがい持ち直すのです。
園に着いたら、もう笑顔ですわ。
思いっきり先生に抱きついたりしてました。
こんなもんなので、こっちも安心して預けられます。

でも、この保育園が休みになると困るだろうなあ……
そんでホノにずっと家にいられたら……キ〜ッ!
仕事にならん!
そうなった場合を想像するだけで困ります。

というのは、大阪や神戸のほうでは
新型インフルエンザがいよいよ猛威みたいで。
保育園でも休園になってるとこがあるらしいですねー。
まあ子どもこそ気をつけないといけないでしょうし。
ライヴとかイベントも中止になってるみたいです。
これからスポーツとかのシーズンなのに〜。
つか、みんな家にずっといれるんでしょうか?

あと、これ、<インフルエンザA>って
呼ぶことになったんじゃなかったっけ?
風評被害がどうってことで、呼び名変えた時。
H1N1がね。
いま誰も呼んでないですよね、インフルエンザAと。
Aソ連型、A香港型、とかと間違われるから?
ここまで広く宣言されたのに使われてないなんて、
まるでE電みたいですな!
なんて、E電なんて言い方、若い人は知らんわね〜(笑)。


えーと、<アロン>さん、コメント感謝です。
清志郎にまつわる曲でのDJ、いいですねー。
想像をふくらませてしまいました。

しかし今、清志郎やRCの関係の本って、
軒並み値上がってますねー!
中古CD店とか古本屋に行ってビックリです。
でも昨日、『忌野旅日記』の文庫版を500円で購入。
20年以上前に『週刊FM』で連載してたんだよね。

忌野旅日記 (新潮文庫)

忌野旅日記 (新潮文庫)

  • 作者: 忌野 清志郎
  • 出版社/メーカー: 新潮社
  • 発売日: 1993/05
  • メディア: 文庫


さて、今回からはイアン・カーティスについて書きます。
この人は、ずいぶん前に
故人になってしまった人です。
といっても、知らない方も多いでしょうね。

1980年に自殺によって亡くなったイアンは、
イギリス・マンチェスター出身のバンド、
ジョイ・ディヴィジョンのヴォーカリストでした。
いや、まさか、この人のことをコソロックで書くとはなあ
……と、自分でもビックリしています。

続きを読む...
Posted by 青木 優 at 17:56 | この記事のURL | | コメント(545)
忌野清志郎I / 子どもが生きててくれれば、自分は死んでもいい  2009年05月14日(Thu)

青山ロックンロール・ショー>以降、
なんだか東京地方は天気がいいです。
おかげさまでホノも元気に過ごしています。
昨日は髪を短く切ってもらったんで
今朝は保育園で
先生やおともだちに「かわいー!」と言われ、
頭や顔を触わられまくってました。

それから島根で生まれたばかりのホノのいとこは
毎日元気いっぱいで育ってるようで、何よりです。
別れがあれば出会いもあるのだな、と思ったりしています。

僕のほうには、清志郎関係の仕事がちょこちょこ来てて、
ここ数日は彼のことを振り返ったりしています。
清志郎の本とか、
RCのDVDをけっこう持ってるので、それを観返したり。
とても鋭く、ギラギラした清志郎をね。

僕、RCのライヴはそう何回も観てないんだけど、
清志郎っていろんなとこによく飛び入りで出てたので、
それもあって彼の姿はかなり見てるんですね。
泉谷とかイアン・デューリーのライヴ。
あとレニー・クラヴィッツの時の前アオリとか。

このコソロックにも、清志郎のことを知りたくて、
検索でたどり着いてくれてる人が多い昨今でした。
とくにみなさんの関心が高いのは
清志郎のBDEで書いた内容みたいですね。


そういえば、前回書き忘れたこと……。

青山の時に、弔電が、代表して3通読まれたんですが、
その3組とは、藤村志保、松たか子、
そしてサザンオールスターズでした。

あと「JUMP」もどこかのタイミングで流れてたし、

JUMP

JUMP

  • アーティスト: 忌野清志郎,仲畑貴志,三宅伸治,吉本俊
  • 出版社/メーカー: ユニバーサルJ
  • 発売日: 2004/11/26
  • メディア: CD


家族の献花の時には
「世界中の人に自慢したいよ」が流れてました。

世界中の人に自慢したいよ

世界中の人に自慢したいよ

  • アーティスト: 忌野清志郎,山口百恵,三宅伸治
  • 出版社/メーカー: EMIミュージック・ジャパン
  • 発売日: 1996/04/24
  • メディア: CD


そのあとに「雨あがり」だったと思う。
以降は、ずっと「Oh!RADIO」でしたね。

その清志郎Gの回へコメントをいただいてます。

<makoto>さん
3歳の娘さんが清志郎を認識してるって、いいですね。
ロックな女の子に育ちますように。

そして<アロン>さん、泉谷が「認めない」と――
つまり清志郎が亡くなったことを受け入れない、
彼の死を認めない、と言ったことの背景には、
とても深い感情があるものと、僕は思っています。
今よく語られてるように、このふたりは
70年代前半のフォーク時代に近しい間柄で、
泉谷はその影響と交流について時々話しています。

それと彼らは2002年頃、
<忌野・泉谷・スパイスマーケット>というバンドで
盛んにライヴをやっていました。
泉谷の最新作に収録されている
「時よ止まれ!君は美しい」は
そのバンドの時のレパートリーで、
ライヴでは清志郎も一緒に唄っていたようです。

すべて時代のせいにして プレミアムセット(DVD付)

すべて時代のせいにして プレミアムセット(DVD付)

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: ポニーキャニオン
  • 発売日: 2008/10/01
  • メディア: CD


ただ、ふたりはこの何年か、ちょっとした行き違いで
やや距離のある関係になってしまっていたようです。
そんな中での逝去だけに、泉谷としては、
かなり苦い思いを残しているのではないかと思うのです。

僕は去年、この泉谷へのインタビューを
テレビブロスでしました。
その時に、先ほどのアルバム中の
「回想」はガンで亡くなった親友のことを、
「生と死の間に」は、また別の友人の死に際に立ち会い、
そこで生まれた感情を唄ったものだと、
ご本人に話してもらいました。
そしてこの話になった際、僕は、
その時は闘病中だった清志郎の話を聞こうかと、
一瞬だけ思いました。
でも、できませんでした。
今思うと、ふたりの関係を思うと、
その場では話に出さなくて良かったと思っています。

それから、そうです、清志郎は、
去年の原田郁子さんのアルバム
『銀河』のタイトル曲を書き、
それを彼女と一緒に唄っていました。

銀河(初回盤)

銀河(初回盤)

  • アーティスト: 原田郁子
  • 出版社/メーカー: コロムビアミュージックエンタテインメント
  • 発売日: 2008/11/05
  • メディア: CD


僕はこのアルバムのタイミングで、
原田さんにインタビューしました。
その取材の記事は『マーキー』に掲載されました。

MARQUEE vol.69  マーキー69号

MARQUEE vol.69 マーキー69号

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: マーキー・インコーポレイティド
  • 発売日: 2008/10/10
  • メディア: 大型本


原田さんは、去年の<完全復活祭>の時に
清志郎に手紙を渡し、
一緒に曲を作ってもらえないかお願いしたそうです。
そして清志郎は自分で演奏したデモテープを制作。
録音スタジオでは原田さんの歌に「いいね」と言いながら
作業を進めたのだそうです。
それが去年夏のこと。
そして清志郎は、そのレコーディングの直後に、
ガンの転移のため、
活動を再び休止すると発表したのです。

実は僕、クラムボンには先週取材で会ったんですが、
その場で原田さんに、
清志郎のことについては話せなかったですね……。
もうちょっと時間が経ったら、何か話せるかもしれない。


それからARABAKIAにコメントをくださった<moex>さん
去年に続いてありがとうございます。
そうですか、僕、
2年連続でそちらのお子さんを撮ってましたか(笑)。
あの雨の日からも、もう半月以上が経過しましたね……。

あと<inadann>さんは3年前の第1回へのコメント、
ありがとうございます。
自分の子でなくとも、育児に気持ちを持たれていること、
うれしく思います。


で、今回は、
もう1回だけ清志郎のことを書きたくなりました。

続きを読む...
Posted by 青木 優 at 15:40 | この記事のURL | | コメント(539)
- 1 2 >>






最近書いた記事
     カテゴリー
青木 優 E-mail
コメント ☆ お気軽にひとつ
QRコード
青木 優のブログをモバイルでアクセス



×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。