♪ジャーナリスト/ライター 青木 優のブログ・コラムです!                                                  ただいま10才の娘の子育てに参加しながら働く父親です。                                                ここでは、古今洋邦のミュージシャンたちの育児観・子ども観について語りまくっております♪                         通称「コソロック」!!  リンクフリーですので、よろしくっ☆                                               ◆   ◆   ◆   ◆   ◆   ◆   ◆   ◆   Twitterでは you_aoki


にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ
人気ブログランキングへ

累計: 検索エンジン登録
本日: SEO対策
昨日: メール配信

アクセスアップ
RSS1.0 RSS2.0
<< 2009年03月>>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
青木 優 プロフィール

★<あおき・ゆう> 1966年、島根県雲南市(旧・大原郡)生まれ。

★1994年より音楽ライター/ジャーナリストの仕事につく。
 洋邦のロックを中心に、インタビューやレビュー、ライヴ・レポの執筆といった仕事はもちろん、音楽シーンの考察、対談および座談会の司会役もこなす。
 たまにラジオに、ごくたまにテレビにも出演。
 DJもやりますよ。

★現在の主な執筆誌は「テレビブロス」「音楽と人」「WHAT’S IN?」「MARQUEE」「東京カレンダー」「オリジナルコンフィデンス」などなど。webでもちょこちょこ仕事してます。

★東京都文京区にて、カミさん(妻)、そして2003年秋に生まれた長女ホノと3人暮らし。

★そしてそして06年夏、かねてからアイディアをあたためてきたこのブログ・コラム「子育てロック」をスタートさせることができました。
 07年4月には親子でNHK総合テレビの番組『パパサウルス』に出演。そのほか、当<コソロック>への反響、じわじわといただいておりまする♪
 みなさん、ありがとうございます! どんどこ書きますので、どんどこ読んで、どんどこツッコんでやってください!

★Twitterは → you_aoki
 トラックバック ☆ どうぞ
リンク☆相互リンク募集〜
これまでの記事
- 1 2 >>
オアシスE / 子どもに軽蔑されるオヤジにはなりたくない  2009年03月30日(Mon)

んーなわけで行ってきたのですが、
ディズニーに。
いやー、平日とはいえ……春休みをナメちゃいかんね!

行きの京葉線に乗った朝10時の段階で
ディズニーランドは入場規制!
期日指定券を持っていない人は入れてくれず、
当日のチケットの販売をストップしてんの!
で、次に入れるのは午後5時以降って……何なのよ〜。
しゃーないんでディズニーシーのほうに変更、
こちらは入れたんですが、チケット買う列がまた長くて。
その後もお昼過ぎの混みようはかなりのもんで、
どこもかしこも大変な行列でしたわ。
もう感覚がマヒして、長〜く待つのが普通に思える。
こういう時に頑張るのが父親なのだが。

ま、それはそうと、ホノは大はしゃぎでねー(笑)。
親戚の子が来た前日から異常に喜んでたのですが、
このディズニーの日も朝から晩まで
ハイテンションでしゃべりまくるのなんの。
でも物を執拗に欲しがることがないのは助かる。
今回は、泣いてわがまま言うようなこともなかったしね。

アトラクションにもそんな乗らなかったのですが、
その僕たちの乗った数回のうち、
稼動中のものが一時停止するという事態が
1日のうちになんと2回も!
おかげで1.5回ずつ乗れましたわ。
大当たりっす。
しかし過去にも一度しか経験ないのにな、停止は……
って、そんなしょっちゅう来てるわけでもないのに、
つまりけっこうな確率で停まってるってこと???


そのほか、シーにいて思ったこと――。

あそこ、スタッフのことを<キャスト>って呼ぶんだけど、
昔そういう名前のバンドいたよね。

All Change

All Change

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: Polydor
  • 発売日: 1995/10/16
  • メディア: CD


アラビアンコーストの広場ではファンク・バンドが演奏。
となるとクール&ザ・ギャングの♪Open Sesame〜、か?

……あ、聴きたくなってきた。


<KOOL & THE GANG − OPEN SESAME>



クール&ザ・ギャング・ゴールド

クール&ザ・ギャング・ゴールド

  • アーティスト: クール&ザ・ギャング
  • 出版社/メーカー: USMジャパン
  • 発売日: 2008/09/03
  • メディア: CD


と思いきや、目の前でプレイされたのは
バングルズの「ウォーク・ライク・アン・エジプシャン」。
なるほどー。


<The Bangles“Walk Like An Egyptian”>


エターナル・フレーム~パーフェクト・ベスト(初回生産限定盤)(DVD付)

エターナル・フレーム~パーフェクト・ベスト(初回生産限定盤)(DVD付)

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: SMJ(SME)(M)
  • 発売日: 2009/02/18
  • メディア: CD


それからシーって以前から
インディ・ジョーンズのアトラクションがあるけど、
あれはディズニー作品じゃないよね。
別契約なんでしょうか。
ゲスト出演的な?

インディ・ジョーンズ/ クリスタル・スカルの王国 スペシャルコレクターズ・エディション 【2枚組】 [DVD]

インディ・ジョーンズ/ クリスタル・スカルの王国 スペシャルコレクターズ・エディション 【2枚組】 [DVD]

  • 出版社/メーカー: パラマウント ホーム エンタテインメント ジャパン
  • メディア: DVD


そのインディのグッズを見てたら、
意外にも(株)イン・ロックの名が。
あの会社はそういう事業もしていたんですね……。

INROCK (イン・ロック) 2009年 04月号 [雑誌]

INROCK (イン・ロック) 2009年 04月号 [雑誌]

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: イン・ロック
  • 発売日: 2009/03/14
  • メディア: 雑誌


そんで、混雑する中、ロック・フェスを思い出したり、
野球やサッカーの国際試合のことも思ったりしたけど。
今回は書きません〜。


さて、その金曜の夜は、録画して観たんですが、
オアシスの『ミュージック・ステーション』出演でした。
この夜のMステは過去の名場面集もあった特番で、
t.A.T.u.事件とかも観れたみたい(未見ですが)。

オアシスは……最初に普通に出てきて、
そこでリアムがタモリのことをカッコいいと誉め、
にこやかに握手してて、笑えたなあ。
前にいるのはノエルだったけど。


<オアシス oasis Mステ出演 (2009.3.27) トーク>


ちなみに通訳の女性は伴野由里子さんです。
わたくしもよくお世話になっております。


そして番組後半には特設ステージでのライヴ。
この時の観覧者、募集してましたね。


<オアシス oasis Mステ出演(2009.3.27)歌>


オアシスの演奏は2曲で、まず「フォーリング・ダウン」
ノエルが唄う曲なんで、リアムは不在です。
彼の登場は2曲目の
「ショット・オブ・ザ・ライトニング」にて!
この坊主頭ともみ上げ、どーすか。
丸メガネはやはりジョン・レノンを意識したものか。
アテブリでなく、しっかり生演奏のようですねえ。
しかもカメリハをちゃんとやってるみたいで、
生放送なのにカット数が多いです。
リアム、最後に「アリガトウ」と言って去りました。

さらに番組最後ではアンコールの模様も一瞬、
これがなんと「ホワットエヴァー」!
前の週のライヴではやってくんなかったけどなー。

とまあオアシス部分はしっかりした番組作りでした。


で、その翌日からの土・日と幕張メッセで
今回の日本ツアー最後のライヴがあったんですね。
この2公演は前売がソールドアウトしてましたな。

そしてオアシス、フジロックに出演するんですね!!

では今日はオアシスの、いちおうの最終回です。
いよいよ最新作に至っていく彼らのことを。



続きを読む...
Posted by 青木 優 at 14:45 | この記事のURL | | コメント(358)
オアシスD / リアムは暴行!ノエルは「ガキは嫌い!」  2009年03月27日(Fri)

WBC優勝!の報道ばっか浴びる日々の中、
昨日から親戚の女の子が遊びに来まして……
彼女はこの春から中学生になるんですが。
当然のようにホノは大はしゃぎ!
朝から「来るの〜?」と、なぜか保育園の先生にまで訊き、
帰宅したらもうその子にベッタリですわ。

しかし子どもが大きくなるスピードって速いですね。
その子はカミさん方の親戚なので、僕が初めて会ったのは
今のホノの歳よりひとつだけ上の時で。
それがまあしっかり成長してますわ。
学校の友達は、嵐が好きなんだって。

で、今日はみんなでディズニーランド行きます。
そう、わたくしも。


そんな日々の中、BECKを観たりしました。
さすが、アイディアと閃きで聴かせてくれましたわ。

モダン・ギルド

モダン・ギルド

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: Hostess Entertainment
  • 発売日: 2008/08/06
  • メディア: CD


しかしオアシスにBECKって、90年代回帰な月やね。
彼らのたくましさ、しぶとさを感じました。
ほんとはフェネスも観たかったけど、行けなかった。

エンドレス・サマー~デラックス・エディション

エンドレス・サマー~デラックス・エディション

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: Pヴァインレコード
  • 発売日: 2006/12/02
  • メディア: CD


BECKのライヴは、最後のほうで、
客席をビデオカメラで映す曲があって、
まだ1才くらいの子を赤ちゃん抱っこしてたお母さんが
最前列にいて、なんか良かったなあ。
夫婦で来てたっぽいけど。
そんな一番前で、ずっといい子できてたのかな。

でもチケット代7800円ってどんなもん?
客席がほとんど30代以上なもんで。
いや、べつに僕は出すけども、もうちょっと若い子にも
見やすい環境を作ったほうがいいような。
まあ学生ぐらいの年齢の今の子たちが
BECKに関心持つ割合はそんなでもないだろうけど、
でもロックのライヴが
高級ジャズクラブみたいな料金になると、
それってどうなの?って思っちゃう。
オアシスも9000円だし、
洋楽の大物って、いよいよ高いよね。
そうなると若いお客さんはよけいフェスに偏る気も。

これは街のCD屋さんが減っている現状とも
少し関係している気がする。
チケ代高い、CDはダウンロードか通販で、ってなると、
お金もカードもPCも持ってないような若者は
音楽から離れるんじゃないかな。
同じダウンロードでも、携帯で聴くのが主流になる……か。
なんか状況が、
大人の事情ばかりで整備されてる気が、ね。


ところで、こんなニュースがありました。


<oricon career 2009年3月25日の記事
 育児休暇取得に積極的、男性でも8割強>



世の男たちは実際どんだけ関心があるのかな? 育休。
このことは、ずいぶん前に
マッシヴ・アタックの回で書いたんだけど。
でも自分に近い会社の雰囲気とか見ても、
全然まだまだって感じかなあ。
育休取ったことがある男の人に会ったことがない。
こっちが知らないだけなのかな。
育休経験のある男の人、
どんなだったか教えてくださいね。


えーと、オアシスは大阪公演を終え、
今夜Mステ出演ですか。
で、週末に幕張メッセで日本ツアー終わりと。

続きを読む...
Posted by 青木 優 at 05:44 | この記事のURL | | コメント(472)
オアシスC / サッカー、買い物、ゲーム、送迎…リアムは最高のパパ  2009年03月24日(Tue)

ただ今、WBCの決勝戦をやってますが……
途中でいちいち流れる
ジャーニーの「セパレイト・ウェイズ」が
どうにもいかんっ。
気持ちが下がるわ。

フロンティアーズ(紙ジャケット仕様)

フロンティアーズ(紙ジャケット仕様)

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: Sony Music Direct
  • 発売日: 2006/12/06
  • メディア: CD


これは代理店?
それともTBSのセンス?
どっちにしても、いまジャーニーはないっしょ。
そういえばCMで使われてたか、ちょっと前に。

とはいえこのWBC、野球好きの僕も
そんなに盛り上がってません。
なんたってアメリカにやる気が見えなかったし
(ジーターがエラーするたあな〜)。
同じ国とこんな何回も試合する羽目になる
ヘンな形式にしたのはアメリカなのにさ〜。

そもそもベースボールは五輪から外されてるぐらい
盛り上がってる国がすげー少ないし。
主要国だけで、閉鎖的に熱くなってる感じだよね。
なのに、とにかく国際試合やって
国民にニッポンニッポン言わせて、
それでお金を回そうという魂胆が見え見え。
実況もプロレスみたいにうるさいばっかだし。
それで、にわか的に盛り上がっといて、
負けたら誰が戦犯だとか……アホかっちゅうの。
そもそも<戦犯>って言葉の意味、違うでしょ。


さて昨日『HEY! HEY! HEY!』が昔のヒット曲特集やってて、
郷ひろみとか、もんた&ブラザーズとか
(いまクリスタルキングは高音と低音が
ケンカ中なんだよね、と思った人は多いはず)、
まあ妙な顔ぶれだったんですけど。

そこに出てきた辻 仁成
(JUDY AND MARYのリズム隊とね)、
顔がまるで……徳永英明に似てました。
んで、唄ったのが「ZOO」。

♪愛をくだ〜さ〜い〜♪
ですけど、

ZOO

ZOO

  • アーティスト: 辻仁成
  • 出版社/メーカー: ソニー・ミュージックアソシエイテッドレコーズ
  • 発売日: 2000/09/07
  • メディア: CD



ZOO

ZOO

  • アーティスト: 辻仁成,KAORI
  • 出版社/メーカー: ポニーキャニオン
  • 発売日: 2000/08/19
  • メディア: CD


歌、もっと練習し直してからテレビに出てくださいな。

で、それを観てたホノ、
まだ食事中の僕に近づいて、こう唄ったとさ。

♪グラタンくだ〜さ〜い〜♪

……しゃーないんで、やりましたわ。


そうそう、<青ヒトデ>さん、
コメントありがとうございます。
豊田道倫くんは元旦にアルバムを出しましたが、

POP LIFE

POP LIFE

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: インディーズ・メーカー
  • 発売日: 2009/01/01
  • メディア: CD


来月早くも次の作品が出ます。
曽我部くんのプロデュースで。

ギター

ギター

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: ROSE RECORDS
  • 発売日: 2009/04/17
  • メディア: CD


子どもとのことを唄った曲がまた入ってますよ。


えーと、オアシスは札幌公演が終わり、
今日から大阪2デイズですか。
やっぱ福岡には行かない、
いや、行けないんですかね……。

続きを読む...
Posted by 青木 優 at 12:18 | この記事のURL | | コメント(11)
オアシスB / 小学生の女の子も盛り上がってた! 3.20@幕張メッセ国際展示場  2009年03月21日(Sat)

というわけで、観て来ましたよ!
日本では3年4ヵ月ぶりのオアシス。
仕事やら何やらで、行けるかな〜?と思ってたけど、
どうにか行けて良かった良かった。


なにせ祝日だったもんで、朝から原稿書きのあと、
お昼は家族で近所のマクドナルドに行きまして。
実は最近、マックでランチ食べること多いんですー。
クーポン使うと安くなるし、
何と言ってもホノがマック好きなんで。
ジャンクフードも(てへ)、お店もね。
ホノはいつもどおりにハッピーセットで、
チーズバーガーとポテトをむしゃむしゃ食べとった。
ヘンな、カバみたいなののおもちゃももらって。
さらに、てりやきセットをカミさんが選んだので、
WBC応援ファイルをゲット(もらいそびれるとこだった)。
これにイチローが載ってないのは、
やっぱ契約が高額だからですかねー。

そんで帰宅して、夕方前に家を出て、幕張へ!
ありがとうカミさん!
すっかり気に入ったという怒髪天聴いて待っててくれ!

労働CALLING

労働CALLING

  • アーティスト: 怒髪天,増子直純
  • 出版社/メーカー: インペリアルレコード
  • 発売日: 2009/01/07
  • メディア: CD



プロレタリアン・ラリアット(初回限定盤)(DVD付)

プロレタリアン・ラリアット(初回限定盤)(DVD付)

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: インペリアルレコード
  • 発売日: 2009/04/22
  • メディア: CD


今回のオアシスの東京公演は早々にソールドアウトで、
残ってるのはこの追加公演のみだったんです。
そしたら会場前で、チケット余った子が声をかけてくれて、
定価の9000円で買えた。
しかも前方のAブロック。
ラッキ〜!
東京会場の幕張メッセ(って千葉県だけど)、
つまりオールスタンディングなんですね。
オアシスをスタンディングで観るのは、
サマソニ以外では95年のガーデンホール以来だなあ。
あ、2002年のMTVのイベントもあったか。

会場のメッセはサマソニでもおなじみの場所。
ここってホールがたくさん並列してて、
その間を抜いて空間を造れるんだよね。
今夜は2ホールつかってて、
ライヴスペースはそのうち1ホール。
もう1個は入場用スペースになってるんです。
もしかして日によっては
2ホールくっつけてデカくすんのかな?

で、動員は、僕の目算で(アテにならんけど)、
6000人前後かな?ってところ。


そして……始まりました!


これ以降は、中身を明かして書いてくので、
今後観に行くから楽しみにしたいという人は
読まないように!

続きを読む...
Posted by 青木 優 at 04:16 | この記事のURL | | コメント(146)
オアシスA / リアム、連れ子も実の子も愛しまくり!  2009年03月19日(Thu)

そうそう、昨年の2月27日の回
トイザらスの赤ちゃん版<ベビーザらス>の通販機関誌
『babyco(ベビコ)』に僕が掲載されたことを書きましたが。
それがこのたびwebになって、
過去記事も読めるようになりました。
というわけで、青木 優も出てます!


<babyco Daddy’s Talk 青木 優>


1年前だから娘の年齢が4歳になってるんですけど。
babycoさん、ありがとうございます!


あと、いま『音楽とことば』という本が出てます。
日本の13人のアーティストに
作詞における姿勢を訊いてて、
僕もフジファブリックの志村くんにインタビューしています。

音楽とことば あの人はどうやって歌詞をかいているのか (P‐Vine Books)

音楽とことば あの人はどうやって歌詞をかいているのか (P‐Vine Books)

  • 作者: 江森丈晃、青木 優、小野田雄、瀧見憲司、恒遠聖文、永堀アツオ、浜田淳、望月哲
  • 出版社/メーカー: ブルース・インターアクションズ
  • 発売日: 2009/03/20
  • メディア: 単行本


これは江森くん(10年ぶりに会った)の力作本ですな〜。

Bethlehem,We are on our own

Bethlehem,We are on our own

  • アーティスト: yoga’n’ants
  • 出版社/メーカー: 3d system(DDD)(M)
  • 発売日: 2007/10/10
  • メディア: CD



ピッツ・アー・ザ・ピッツ(25 ゴールド=レア=デブリス 1992-2000)

ピッツ・アー・ザ・ピッツ(25 ゴールド=レア=デブリス 1992-2000)

  • アーティスト: citrus
  • 出版社/メーカー: felicity
  • 発売日: 2009/01/21
  • メディア: CD


さて、今朝からTVはずっと藤原紀香の離婚報道……。
まあ僕はどうでもいいんですけど、思うのは、
結婚の時に騒いだ人ほど、離婚の時にも騒ぐってこと。
そんなに一大事なんかいな?


それから、ついに『あぶさん』が今年で引退とのこと。

あぶさん 93 (ビッグコミックス)

あぶさん 93 (ビッグコミックス)

  • 作者: 水島 新司
  • 出版社/メーカー: 小学館
  • 発売日: 2009/02/27
  • メディア: コミック


小学生の頃から読んできた身としては
還暦まで現役選手というSFっぷりにあきれましたが、
それももう20年ぐらい前の話(笑)。
そういえば山田太郎も結婚するんですよね。

ドカベン スーパースターズ編 27 (27) (少年チャンピオン・コミックス)

ドカベン スーパースターズ編 27 (27) (少年チャンピオン・コミックス)

  • 作者: 水島 新司
  • 出版社/メーカー: 秋田書店
  • 発売日: 2009/02/06
  • メディア: コミック


もはや今の水島作品は詰めが甘いどころではなく、
ほんとに話の流れも設定も何もボロッボロなんですが。
それでも野球ドラマを描き続けているという先生の
異常さを楽しむ領域に入っておりますわ(笑)。


さて、昨夜は
ムーンライダーズと相対性理論を観に行って、
ライヴは悶死しそうなくらい良かったんですが。
そんで遅く帰宅したら、なんとホノが起きてて
「パパとお風呂入る!」つって聞かないの。
まあお風呂はいくらでもOKなんだけど、
最近とみに、夜なかなか寝ようとしないなあ。
朝はまあまあ普通に起きてんだけど。
しかも寝るっていう時に寝室を嫌がり、
再びリビングに行くこともありで。
5才になっても寝かしつけにこんな困るとは……(泣)。


そんな昨夜、名古屋では
オアシスの日本ツアーが始まったんですよね。
幕張の初日は明日か〜。
来週27日は『ミュージック・ステーション』に出るとか。
オアシスが地上波の音楽番組なんて珍しい!
剛 紫あたり「大ファンなんですよぉ〜」とか言いそう。
不良中年ぶりをぜひお茶の間に!だ。

では、そのオアシスの2回目です。
時計の針を10年ぐらい前に戻します。

続きを読む...
Posted by 青木 優 at 13:45 | この記事のURL | | コメント(306)
- 1 2 >>






最近書いた記事
     カテゴリー
青木 優 E-mail
コメント ☆ お気軽にひとつ
QRコード
青木 優のブログをモバイルでアクセス



×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。